辻村深月「きのうの影踏み」

ホラーは苦手だ。
怖いから苦手だ。
昔はこんなに怖がりじゃなくて、どちらかというと怖い話とか好きな方だった。
ある時「怖い話やお化け屋敷なんかは怖がった方が楽しいんじゃないか?」って思って、怖い怖い、と思い込んでいたらいつの間にか本当に苦手になってしまった。

なので、本書「きのうの影踏み」も結構長いこと積ん読していた。
辻村深月は他の作品読んでもホラーの影響は感じるし辻村深月本人はホラー好きなんだろうな、と思っていた。
ちなみに「ふちなしのかがみ」も積ん読中です。

あらすじ

あるホラー作家のもとに送られてきた手紙には、存在しない架空の歌手とラジオ番組のことが延々と綴られていたという。編集者たちの集まりによると、チェーンメールのように、何人かの作家にも届いているという。かくいう私にもその手紙は届いていた。その手紙のことを調べるうちに、文面の後ろのほう、文字が乱れて読み取れなくなっていた部分が、徐々に鮮明になってきている……。ある日、友人作家が手紙のことで相談があると言ってきた。なんと、その手紙、サイン会で手渡しされたという。誰がその人物だったかはわからない。けれど、確実に近づいてきているーー。(「手紙の主」)。その交差点はよく交通事故が起こる。かつてそこで亡くなった娘の霊が、巻き添えにしていると、事故死した娘の母親は言っているという。その娘が好きだったという「M」の字の入ったカップがいつもお供えされていた。ある雨の日、そのおばさんがふらふらと横断歩道にさしかかり……。死が母娘を分かつとも、つながろうとする見えない深い縁を繊細な筆致で描く「七つのカップ」。闇の世界の扉を一度開けてしまったらもう、戻れない。辻村深月が描く、あなたの隣にもそっとそこにある、後戻りできない恐くて、優しい世界。
引用:楽天ブックス

全13編の短編集。

収録作品

十円参り
手紙の主
丘の上
殺したもの
スイッチ
私の町の占い師
やみあかご
だまだまマーク
マルとバツ
ナマハゲと私
タイムリミット
噂地図
七つのカップ

ネタバレありの感想

全13編ということで、一個一個はとても短く、移動時間でも読みやすい。
それでも、1週間くらいかかってしまった。
薄い本だったのに、ちょっと時間がかかってしまった。
1編読むと、つい本を一度閉じてしまう。そしてその短い物語から与えてもらった何かを一度ゆっくりと噛み締める時間があった。
どれも短いながらもとても良くて、とても怖いというか怖すぎるのも何編か。
いくつかの短編は短編というよりはエッセイのような切り口で書かれていてそれがまたリアルな感じを受けて演出も見事。演出なんですよね?本当にこんなことがあったんじゃないんですよね?

あぁ、せめて夏に読んでおいてよかった。

特に気に入ったものを何編か。

十円参り

本書「きのうの影踏み」はとてもスタンダードな感じの怖い話から始まる。
オチの語っていたのがなっちゃんの方だった、というのは怖い話としてはありがちな感じで、裏切りというよりは様式美を守ったような作品。
昭和の空気感もあって、これぞって感じ。

スイッチ

語り口が心地よくてこういうのが読みたくて辻村深月を読んでいる。
スイッチを入れるのが、自分じゃないってのが怖いです。

だまだまマーク

これ怖い。怖すぎた。
やめてよ。ほんと。
電車の中で泣きそうになった。
読者(僕)は本書が怖い話ばかり集まっているというのは知っているので、子供が言う「だまだまマーク」も絶対に怖い言葉だって思っているのに、それを微笑ましいと思っている登場人物である母親たちがすごく遠くに感じられてその違和感もあって怖い。
ラストは「ほら見たことか!」だよ。

ナマハゲと私

これも、怖い話としてはとてもありがちな展開ですけど、やっぱり辻村深月のうまさでとてもグッとくる作品になっている。

まとめ

ラストの「七つのカップ」なんかみんなが求める辻村深月のような優しさのある「不思議で少し怖い話」で本書に収録する必要があったんだろうか?と思わなくもない。
本書はただただ怖い話の集まりでもよかったんじゃないかな。
でも、さすが辻村深月、読者を楽しませる気持ちと技術を両方きちんと持っていて、とても良き短編集でした。
当分読みたくないけど。
怖いから。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 今村昌弘「屍人荘の殺人」
  8. 市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」
  9. 宮下奈都「たった、それだけ」
  10. 小林泰三「アリス殺し」
  11. 古処誠二「アンノウン」
  12. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  13. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  14. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  15. 高山一実「トラペジウム」
  16. 辻村深月「きのうの影踏み」
  17. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  18. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  19. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  20. 美輪和音「強欲な羊」
  21. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  22. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  23. 豊島ミホ「夏が僕を抱く」
  24. 降田天「彼女はもどらない」
  25. よしもとばなな「ハゴロモ」
  26. 河野裕「いなくなれ、群青」
  27. 神宮司いずみ「校舎五階の天才たち」
  28. サキ「サキ短編集」
  29. 中町信「天啓の殺意」
  30. 三浦しをん「小暮荘物語」
  31. 柾木政宗「朝比奈うさぎの謎解き錬愛術」
  32. 彩坂美月「少女は夏に閉ざされる」
  33. 東野圭吾「赤い指」
  34. 小林泰三「世界城」
  35. 湊かなえ「リバース」
  36. 西澤保彦「七回死んだ男」
  37. 麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」
  38. 橋本紡「彩乃ちゃんのお告げ」
  39. 歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」
  40. 西本秋「闇は僕らをつないでいる」
  41. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  42. 雫井脩介「犯罪小説家」
  43. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  44. 下村敦史「真実の檻」
  45. 河合莞爾「デッドマン」
  46. 蒼井上鷹「出られない五人」
  47. 笹沢佐保「どんでん返し」
  48. 貫井徳郎「ドミノ倒し」
  49. 村崎友「夕暮れ密室」
  50. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  51. 北森鴻「共犯マジック」
  52. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  53. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  54. 大山誠一郎「密室蒐集家」
  55. 深木章子「敗者の告白」
  56. 清涼院流水「全日本じゃんけんトーナメント」
  57. 日高由香「ゴメンナサイ」
  58. 青柳碧人「猫河原家の人びと 一家全員、名探偵」
  59. 小山田浩子「穴」
  60. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  61. 獅子文六「ちんちん電車」
  62. 堀内公太郎「スクールカースト殺人同窓会」
  63. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  64. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  65. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  66. 松下麻理緒「誤算」
  67. 小林由香「ジャッジメント」
  68. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  69. 美輪和音「8番目のマリア」
  70. 大石圭「60秒の煉獄」
  71. 小林聡美「読まされ図書室」
  72. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  73. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」
  74. 浅暮三文「困った死体」
  75. おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」