市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」

「21世紀の『そして誰もいなくなった』」ということで、プロットはみんな大好き連続殺人もの。
クローズドサークルとしてはこれまたみんな大好き雪山!
と、ミステリー好きにはたまらない1冊。

ジェリーフィッシュ(小型飛行船)にまつわる話が難しすぎて、SFミステリーのような感じを受けたけど、SFというよりは、架空のテクノロジーの発達によって改変された過去のお話。
難しい部分もあるんだけど、そこもちゃんとわかりやすく説明されていて、読者を煙に巻こうとしているわけではなく、その部分ではとてもフェア。
最高最高最高。
鮎川哲也賞。信頼できる賞だ。

いや、実際ジェリーフィッシュが実現できるのかどうかとかは知ったこっちゃないです。

あらすじ

特殊技術で開発され、航空機の歴史を変えた小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。その発明者であるファイファー教授を中心とした技術開発メンバー6人は、新型ジェリーフィッシュの長距離航行性能の最終確認試験に臨んでいた。ところが航行試験中に、閉鎖状況の艇内でメンバーの一人が死体となって発見される。さらに、自動航行システムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。脱出する術もない中、次々と犠牲者が……。21世紀の『そして誰もいなくなった』登場! 精緻に描かれた本格ミステリにして第26回鮎川哲也賞受賞作、待望の文庫化。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

叙述トリック+クローズドサークル。
叙述トリックとしてはちょっとアンフェアかな、と思わなくもない。
計画書に「エドワード」の名前が書かれていたけど、UFA社や空軍へ提出した計画書には「サイモン」の名前が記載されていたはずだし、身内向けと言えども「エドワード」の名前を記述した計画書を残してしまうのは、危機感がなさすぎるんですよね。
そして、そんな計画書ならジェリーフィッシュは2台でどっちに誰が乗るか記載してなきゃ、計画書としては不足が多すぎるし。
ここは、ちょっと読者へ向けたミスリードのためのミスリードすぎる感じがどうしても・・・
計画書自体がいらなかっただけだと思うんですけどね。
台詞や地の文だけで6人いるってことはいくらでも表現できたと思うんです。
まぁ、叙述部分は見事に騙されたんですけどね。

それでも本書「ジェリーフィッシュは凍らない」は最高に面白い。
それはまずクローズドサークルでの、「そして誰もいなくなった」感の楽しさ。
誰が犯人かわからないまま、どんどん被害者が増えていく緊張感。
まさに手に汗握るってやつですよ。
ウィリアムが発見した「エドワードに偽装した死体」の表記など振り返って読んでみると地の文では「彼」としか書かれていなくて注意深く読めば、エドワードのみ死が確定していない=犯人、というのはすごく簡単にわかるんだけど、読んでる時はそんな細かいところまで気にできない面白さがある。
物語の面白さで作者のトリックを隠されているのが見事。

警察側のマリアと漣のコンビも本当に最高。
マリア探偵役としてはちょっと珍しいタイプですよね。
軽い推理を何度も披露しては助手役に窘められて、それを繰り返してくうちに真相に辿りつくっていうのはなんかすごくかっこよかった。

ラストの「あんた、誰?」は最高にかっこよかった。
さすがの主人公!

「ブルーローズは眠らない」も絶対に読もう。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」
  8. 宮下奈都「たった、それだけ」
  9. 古処誠二「アンノウン」
  10. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  11. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  12. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  13. 高山一実「トラペジウム」
  14. 辻村深月「きのうの影踏み」
  15. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  16. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  17. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  18. 美輪和音「強欲な羊」
  19. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  20. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  21. 豊島ミホ「夏が僕を抱く」
  22. よしもとばなな「ハゴロモ」
  23. 神宮司いずみ「校舎五階の天才たち」
  24. サキ「サキ短編集」
  25. 中町信「天啓の殺意」
  26. 三浦しをん「小暮荘物語」
  27. 彩坂美月「少女は夏に閉ざされる」
  28. 東野圭吾「赤い指」
  29. 湊かなえ「リバース」
  30. 西澤保彦「七回死んだ男」
  31. 麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」
  32. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  33. 雫井脩介「犯罪小説家」
  34. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  35. 下村敦史「真実の檻」
  36. 河合莞爾「デッドマン」
  37. 蒼井上鷹「出られない五人」
  38. 貫井徳郎「ドミノ倒し」
  39. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  40. 小山田浩子「穴」
  41. 北森鴻「共犯マジック」
  42. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  43. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  44. 大山誠一郎「密室蒐集家」
  45. 日高由香「ゴメンナサイ」
  46. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  47. 獅子文六「ちんちん電車」
  48. 堀内公太郎「スクールカースト殺人同窓会」
  49. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  50. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  51. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  52. 松下麻理緒「誤算」
  53. 小林由香「ジャッジメント」
  54. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  55. 美輪和音「8番目のマリア」
  56. 大石圭「60秒の煉獄」
  57. 小林聡美「読まされ図書室」
  58. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  59. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」
  60. おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」