麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」

シリーズの第二巻。
第一巻の「貴族探偵」はとてもよく、コメディ要素はありつつ様々なトリックを仕込んだ名短編でしたが、本書「貴族探偵対女探偵」はさすがにコメディに寄り過ぎてしまったのでは。
せっかくの新キャラ女探偵の扱いがもったいない。
とは言え、最終的には面白かった。
良き良き。

あらすじ

新米探偵・愛香は、親友の別荘で発生した殺人事件の現場で「貴族探偵」と遭遇。地道に捜査をする愛香などどこ吹く風で、貴族探偵は執事やメイドら使用人たちに推理を披露させる。愛香は探偵としての誇りをかけて、全てにおいて型破りの貴族探偵に果敢に挑む!事件を解決できるのは、果たしてどちらか。精緻なトリックとどんでん返しに満ちた5編を収録したディテクティブ・ミステリの傑作。
引用:Amazon「貴族探偵対女探偵」

ネタバレありの感想

「女探偵」である高徳愛香はあくまでかませ犬としての探偵役なため、当然間違えた推理をするわけなんですが、それにしても全てを「貴族探偵を犯人とする」のはやり過ぎな感。
かませ犬としての探偵にしては素晴らしい師匠がいて、元々は割と優秀な探偵であった描写があったりするのが腑に落ちない。
師匠との過去のエピソードなんかがなかなかにかっこよくてもったいなく感じる。
だが、そんなやり取りを読者の気持ちを逆手にとったラスト「なほあまりある」はすごくよかった。
この一遍のためだけの短編集だ。

白きを見れば

凶器の在処であって物置のシャッターが右手だけで開けた理由が「犯人(貴族探偵)が左手を怪我していたから」という女探偵の推理のひどさよ。
とは言え、真相となった貴族探偵の推理も「雨が降っていたので傘をさしていた」というこちらも無理のあるものではあったが。

この短編が最初にあるおかげで、女探偵の評価が(読者にとって)下がりきってしまうのが勿体ない。
女探偵が無能に見えてしまい、「どうせ女探偵の推理は間違いなんでしょ」という気持ちが続いてしまい、本書全体での緊張感が薄れてしまった。

色に出でにけり

ここでも女探偵の無能さが際立つ。
この事件での重要な手がかりとなった白いタオルで首を吊っていた被害者の首に残された水色のタオルの繊維。
女探偵は「犯人(貴族探偵)が時間を置いて二度犯行現場に入り、タオルを間違えた」という推理だが、さすがに間違えないだろうし、落ちた(犯行に使った)タオル探すでしょう。

貴族探偵の推理「一度目と二度目が別人だった」という解釈はとても説得力がある。
共犯がいるということで、アリバイも綺麗に崩れていく様が良き。

むべ山風を

僕の集中力が切れてきたタイミングでやけにごちゃごちゃと要素の多い短編。
犯行現場に(上座、下座の)偽装がされているかもしれないという考えの全くない女探偵。
さすがに探偵を名乗るのを辞めた方がいいのでは。

幣もとりあへず

人物の入れ替わりと利用した叙述トリック。
読者と作中の登場人物の認識が違うことでとても複雑だが見事な入れ替わりを行っている。
読者は被害者は女性(赤川和美)だと思っているのに、作中の人物は男性(田名部優紀)だと思っていて、実際には男性(赤川和美)だったという認識のずれがあったにも関わらず、とても自然に受け入れてしまっていた。
見事な短編。

ただ貴族探偵が2人の入れ替わりの根拠を示さないことと、それを簡単に受け入れてしまうみんなに少し違和感。

なほあまりある

これまでの四編での貴族探偵の行動や人物像から女探偵が推理を組み立てていく様は連作短編らしい仕掛けで楽しい。
ここでまた、一旦は「貴族探偵が犯人」という推理に至るわけですが、まだ続きがある。
となった時に「女探偵覚醒か?」とすごいワクワクした。
探偵小説好きとして、やっぱりこれまでの短編での無様な推理にはすっきりとしないものがあった。
これまでとのギャップで女探偵が真相にたどり着くことでのカタルシスが感じられて最高。

女探偵を雇っていたのが貴族探偵であり、女探偵が本事件での使用人代わりだったという最後の大オチもとても見事。

まとめ

途中まであまり楽しめていなかったが、それも最後の大オチのための前フリだったんでしょう。
最終的にはとても楽しく、気持ちいい作品だった。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  17. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  18. 豊島ミホ「夏が僕を抱く」
  19. よしもとばなな「ハゴロモ」
  20. 神宮司いずみ「校舎五階の天才たち」
  21. サキ「サキ短編集」
  22. 中町信「天啓の殺意」
  23. 彩坂美月「少女は夏に閉ざされる」
  24. 東野圭吾「赤い指」
  25. 湊かなえ「リバース」
  26. 西澤保彦「七回死んだ男」
  27. 麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」
  28. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  29. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  30. 下村敦史「真実の檻」
  31. 河合莞爾「デッドマン」
  32. 蒼井上鷹「出られない五人」
  33. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  34. 小山田浩子「穴」
  35. 北森鴻「共犯マジック」
  36. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  37. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  38. 日高由香「ゴメンナサイ」
  39. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  40. 獅子文六「ちんちん電車」
  41. 堀内公太郎「スクールカースト殺人同窓会」
  42. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  43. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  44. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  45. 松下麻理緒「誤算」
  46. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  47. 美輪和音「8番目のマリア」
  48. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  49. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」
  50. おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」