よしもとばなな「ハゴロモ」

よしもとばなな初読み。
なんとなく(多分作家名からの印象で)、軽い恋愛小説を書いているだけの人、みたいなイメージを持っていた。
知り合いに「確かに恋愛も書くけどそれだけじゃないよ」と言われて挑戦。
もし肌に合わなくても薄いからダメージ少ないしね。

途中までは「ちょっと肌に合わないかも・・・」なんて思いながら読んでいたんだけど、ページを捲る手は止まらないし、どんどん没入していった。
面白かった。

あらすじ

失恋の痛みと、都会の疲れをいやすべく、ふるさとに舞い戻ったほたる。大きな川の流れるその町で、これまでに失ったもの、忘れていた大切な何かを、彼女は取り戻せるだろうか…。赤いダウンジャケットの青年との出会い。冷えた手をあたためた小さな手袋。人と人との不思議な縁にみちびかれ、次第によみがえる記憶―。ほっこりと、ふわりと言葉にくるまれる魔法のような物語。
引用:Amazon「ハゴロモ」

感想

ストーリーとしては8年間不倫を続けたが、別れを告げられた主人公のほたるが故郷に戻り、祖母の喫茶店を手伝いながら友人に救われて見事立ち直るというありがちと言えばありがちなもの。
喫茶店の店内を欄で埋め尽くすおばあちゃんや、無許可でインスタントラーメンを出す店をやっているみつるくんや、昔に親の再婚話が出たときに姉妹になりかけた河童が友達のるみちゃんなど、キャラクターは結構尖ったキャラが多く、順番としは逆なんでしょうけど伊坂幸太郎に似たものを感じた。
そんな派手めなキャラクターにも関わらず大きなドラマは(小説の時間軸の中では)おきない。
過去に、大きなバス事故やほたるの失恋などはあるものの、それは小説内ではあくまで過去のものとなっている。
そして、そんな過去にとらわれているのが主人公であるほたるや、みつるくんのお母さん。
そんな彼女らに前を向かせるのが、友人や「スピリチュアル」なもの。

本書では、不思議なことや不思議な力を持つ人々をすごく自然に、地続きに描いていて、もしかしたら「占い」や「スピリチュアル」なものが苦手な人は嫌悪感を覚えてしまうかもしれない。
もちろん、本書「ハゴロモ」はあくまで小説なんだけど、ファンタジーにするわけでもないバランス感覚で本書のキャラクター達の中ではとてもリアルに存在している感じがする。
その「スピリチュアル」なものの扱いも誰かを少し前向きにするために存在しているだけで、大きなドラマや不可思議な出来事を生んだりすることもない。
それでも、昔あった不思議な夢や奇妙な縁、そんなものがほたるを救い、みつるくんのお母さんをも救う。
これは素敵な青春小説だ。

綺麗なだけの文章ではなく、どこかに引っかかりのようなものを感じてそこがハマる要因になるんじゃなかろうか。
オススメされた、よしもとばなな「王国」も早く4巻を買って読みたい。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  17. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  18. 豊島ミホ「夏が僕を抱く」
  19. よしもとばなな「ハゴロモ」
  20. 神宮司いずみ「校舎五階の天才たち」
  21. サキ「サキ短編集」
  22. 中町信「天啓の殺意」
  23. 彩坂美月「少女は夏に閉ざされる」
  24. 東野圭吾「赤い指」
  25. 湊かなえ「リバース」
  26. 西澤保彦「七回死んだ男」
  27. 麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」
  28. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  29. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  30. 下村敦史「真実の檻」
  31. 河合莞爾「デッドマン」
  32. 蒼井上鷹「出られない五人」
  33. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  34. 小山田浩子「穴」
  35. 北森鴻「共犯マジック」
  36. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  37. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  38. 日高由香「ゴメンナサイ」
  39. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  40. 獅子文六「ちんちん電車」
  41. 堀内公太郎「スクールカースト殺人同窓会」
  42. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  43. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  44. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  45. 松下麻理緒「誤算」
  46. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  47. 美輪和音「8番目のマリア」
  48. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  49. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」
  50. おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」