サキ「サキ短編集」

やけに色々な所で評判が良く、それでも翻訳ものが苦手ということで手が伸びていなかった本書「サキ短編集」。
すごくよかった。
最初の方はいまいち世界に入り込めず目滑りしつつ読んでいたのだが、どんどんとサキの世界に沈んでいき、繰り返し読了後すぐにもう一度頭に戻り、何編かリピートしてしまった。
確かにすごく良き。

あらすじ

ビルマで生れ、幼時に母と死別して故国イギリスの厳格な伯母の手で育てられたサキ。豊かな海外旅行の経験をもとにして、ユーモアとウィットの糖衣の下に、人の心を凍らせるような諷刺を隠した彼の作品は、ブラックユーモアと呼ぶにふさわしい後味を残して、読者の心に焼きつく。「開いた窓」や「おせっかい」など、日本のSFやホラー作品にも多大な影響をあたえた代表的短編21編。
引用:Amazon「サキ短編集」

感想

どれもこれもブラックユーモアにあふれた短編集。
短編集というよりはショートショート集って言った方がイメージが近いと思う。

どれもこれも、どことなくブラックな結末なんだけど、決して単調ではなくとてもバラエティに富んでいるし、シチュエーションなどの違いで全然違った印象を受け楽しい。
情景描写に特別力を入れているわけでもななさそうな上、もちろん翻訳ものを読んでいるので、作者の細かな描写は理解できていないと思うのですが、それでもどの短編も情景がきれいに浮かび、その上(僕にとっては)どことなく楽し気でカラっとした雰囲気を感じた。

ブラックな結末と言ったが、読んで陰鬱な気分になるようなことはなく、ニヤリとしてしまうようなものばかり。
ユーモアのバランスや空気感がとても良いんだろうな。

一つの短編を取り立てて良かった!というよりは、自分もそうだったようにいくつもの短編を読んでいるうちに知らず知らずのうちにハマって行ってしまうようなものだと思うので、「この短編がよかった」なんてあんまり言いたくないんだけど、それでも「話上手」が素晴らしく良く、この短編で「サキすげえいいな」って思ったのも確か。
列車の中で騒がしい子供たちに話を披露するだけなんですが、その話自体も良ければ、その結末もまた素晴らしい。
子供の純粋さや道徳観、そんなものをスカっと笑い飛ばす傑作です。

良き良き。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  17. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  18. サキ「サキ短編集」
  19. 中町信「天啓の殺意」
  20. 東野圭吾「赤い指」
  21. 湊かなえ「リバース」
  22. 西澤保彦「七回死んだ男」
  23. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  24. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  25. 下村敦史「真実の檻」
  26. 河合莞爾「デッドマン」
  27. 蒼井上鷹「出られない五人」
  28. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  29. 小山田浩子「穴」
  30. 北森鴻「共犯マジック」
  31. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  32. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  33. 日高由香「ゴメンナサイ」
  34. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  35. 獅子文六「ちんちん電車」
  36. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  37. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  38. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  39. 松下麻理緒「誤算」
  40. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  41. 美輪和音「8番目のマリア」
  42. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  43. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」