瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」

「そして、バトンは渡された」は2019年本屋大賞受賞の瀬尾まいこ。
「そして、バトンは渡された」についてはまだ未読。
瀬尾まいこは好きな作家だ。
さらっと読めて、落ち込みたくないときや温かい気持ちになりたいときに読むんだけど毎回その通りにしてくれる。
とにかくキャラクターの作り方、描き方が良き。
本書「戸村飯店 青春100連発」もヘイスケとコウスケという良いキャラクター2人の話。

あらすじ

「ごめんください。どなたですか?戸村飯店の兄弟、ヘイスケとコウスケです。おもろくってほんますみません。ありがとう」大阪下町の中華料理店で育った兄弟は見た目も違えば性格も違う。人生の岐路に立つ、どこか不器用で誠実な2人をユーモラスに描く。東京と大阪、離れてみえる絆。笑いと笑いと涙で包む、瀬尾まいこの世界。坪田譲治文学賞受賞の傑作青春小説登場!
引用:Amazon「戸村飯店 青春100連発」

感想

日本って面白い国だな、いい国だな。ってまず思った。
本書「戸村飯店 青春100連発」の舞台は大阪と東京。
大阪で生まれ育ったヘイスケとコウスケの兄弟。
ヘイスケは高校卒業を期に大阪から逃げるように東京へ。
本書はその1年間の兄弟を描く。

兄弟ものなのに、兄弟の絡みが異常に少ない。
東京と大阪で遠く離れているけど、心がつながっているとかそんなありがちなものでもなく、兄弟だからこそのよそよそしさが残ったまま。そもそもこの兄弟があんまりしゃべらない。
かと言って昔のいい思い出を抱えて・・・とかそんなでもない。
「仲いいの?」「悪くはないけど・・・」って感じの兄弟そのまんま。
無関心で無干渉に近い。
そんな兄弟の距離が近づいていくってだけの話でもなく、やっぱり地元が最高やなってだけの話でもなく、ヘイスケとコウスケにとっての無駄なことが有意義だった1年間の話。

高校を卒業し東京にでた兄のヘイスケの世界はきちんと広がっていって、弟のコウスケの世界は学校と家で完結していて、その対比が本当に見事。
そして来年コウスケも大阪を出て世界がどんどん広がっていくのが簡単に想像できる。

ヘイスケの「連れ」の古嶋とのエピソードや、年上の恋人アリさんとのエピソードや、コウスケの片思いの相手、岡野とのエピソードや友達の北島くんとのエピソードもそれぞれ最高。まさに青春。

だけどやっぱりラストのヘイスケのギャグが鳥肌ものだった。
良き良き。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  17. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  18. サキ「サキ短編集」
  19. 中町信「天啓の殺意」
  20. 東野圭吾「赤い指」
  21. 湊かなえ「リバース」
  22. 西澤保彦「七回死んだ男」
  23. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  24. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  25. 下村敦史「真実の檻」
  26. 河合莞爾「デッドマン」
  27. 蒼井上鷹「出られない五人」
  28. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  29. 小山田浩子「穴」
  30. 北森鴻「共犯マジック」
  31. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  32. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  33. 日高由香「ゴメンナサイ」
  34. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  35. 獅子文六「ちんちん電車」
  36. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  37. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  38. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  39. 松下麻理緒「誤算」
  40. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  41. 美輪和音「8番目のマリア」
  42. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  43. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」