東野圭吾「赤い指」

東野圭吾を読みたいと思って。
加賀恭一郎シリーズの7作目だそうですが、実は加賀恭一郎そんなに好きでもないんだけど、それはちゃんと追ってないからなのかな。
シリーズをちゃんと追うと好きになれるのかな。

本書「赤い指」でも、加賀恭一郎部分が少しだけ退屈に感じてしまった。
それでも、この読みやすさと納得がいく感じ、さすが東野圭吾だ。

あらすじ

少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。
引用:Amazon「赤い指」

ネタバレありの感想

被害者が小さな子供ということもあり、終始重く暗い作品。
直巳のクズさ加減や、それでもそんな息子を守ろうとする母親の盲目的な愛情(なのか、世間体なのか)が不快で、苦しくて悲しい。
父である昭夫が遺体を公園に捨てに行くシーンの緊迫感が素晴らしく、手に汗握る。

本書「赤い指」のテーマはとてもわかりやすく「家族」。
家族のあり方、支え方を間違えた前原一家と、正しいようにも見えない加賀の家族。
その対比はさすがに加賀恭一郎にとってかっこよすぎる見え方で、さすがの主人公補正が働いている。

主人公補正は他でも発揮されていて、同じく刑事である松宮の上司である小林の加賀恭一郎への信頼度の高さにも現れている。
もちろん、シリーズものとして優れた刑事というのは知っているけど、もしそれを知らない人が読んだ場合、この不自然な信頼の置かれ方は急な感じがしてしまうし、リアリティがなくなってしまうのはもったいない。
シリーズものの弱点が出ている作品でもある。

事件はフィクションとしては地味なくらいだが、それがリアリティを演出していてとても物悲しく考えさせる物語になっている。
例えば自分の家族やそれくらい大事な人が何かを間違えた時に、僕はきちんと正しい道を示すことができるんだろうか。
いや、正しい道だとかなんとか考えている時点ですでに間違えかけているような気もする。
誰にとって、何にとって、どう正しいのか。をきちんと見極めないといけないよね。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」