根本聡一郎「プロパガンダゲーム」

就活をテーマということで「何者」を少し思い出したけど、全然違った。
ゲームの舞台が就活の面接というだけで、就活生である必要性なんかは全くないです。

まぁ、ゲームをちゃんとやらせる舞台としては就活生というのはなかなかいいのかもしれない。
これで、生死が関わるようなデスゲームにしたらまた凡百のものになってしまっていただろう。

あらすじ

「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」
大手広告代理店「電央堂」の就職試験を勝ちあがった大学生8名。
彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の
国民を戦争に導けるかどうかを競うゲームだった。勝敗の行方やいかに、
そしてこの最終選考の真の目的とは?――先の読めないゲーム展開と衝撃のラストが、
宣伝広告の本質、ネット社会における民主主義とはなにかを読者に問いかける。
アマゾン電子書籍の人気作を大幅改稿した完全版!
引用:Amazon「プロパガンダゲーム」

ネタバレありの感想

まず思ったのが、ゲームとして面白そう。
恐らく何かしらのボードゲームから着想を得たんだろうけど、ルールはすごくシンプル。
やけにルールを追加しすぎてゲームっぽくなりすぎるものが多い中、これくらいシンプルなルールだと人間の考えや行動が入るスペースが多くて良いと思う。

ただ、キャラクターが物語にとって都合良く動きすぎている感はある。
どちらのチームも綺麗にスパイが自チームに紛れていることを忘れているとしか思えない言動が多すぎる。
政府側も視点人物である後藤以外の3人全員がカメラの前に立つことの危なさを考えられないことや、レジスタンス側も自分が運用する市民アカウントを全員で確認し合ってしまうことなんか迂闊すぎる。

ラストの展開は蛇足。
あくまで面接の一環として行なっていた「プロパガンダゲーム」では地味だと思ってしまったのか。
話に緊迫感やスケール感なんかを与えたくてリアルな世界での話を追加したかったんでしょうけど、あまりに急だし、その割にはありがちな展開で残念。
それまでのゲームで充分緊迫感があったと思う。

ところでチョップ軍隊ってラーメンズからかな。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」