ジェシー・ケラーマン「駄作」

「駄作」。
なんとも大胆で挑戦的なタイトル。
そりゃ気になっちゃう。上手い。
そして、本のあらすじに書かれた【本書には奇想天外な展開があることを警告しておきます】の一文。
期待を煽られる。

あらすじ

世界的ベストセラー作家だった親友が死んだ。追悼式に出席した売れない作家プフェファコーンは、親友の手になる未発表の新作原稿を発見。秘かにその原稿を持ち出し、自作と偽って刊行すると、思惑通りの大ヒットとなったが……ベストセラー作家を両親に持つ著者が、その才能を開花させた驚天動地の傑作スリラー/掲出の書影は底本のものです
引用:Amazon「駄作」

ネタバレありの感想

評価が分かれる本ではあるが、この本を「一冊通して大好きだ」と言う人は少ないんじゃなかろうか。
振れ幅が大きすぎる。
僕としては中盤までは楽しかった。
プフェファコーンが自分のプライドに縛られながら文学に悩む姿はそれこそ文学であるし、友情や恋愛や娘への愛情や生活なんかを天秤にかけて「駄作」を世に出すことの苦悩や、その本が組織が用意した暗号だった。というところまではすごくワクワクして読んでいた。

だが、中盤以降プフェファコーンは文学者からスパイへと転職する。
スパイになるための特訓シーンから始まり国家レベルの陰謀など、スリラー小説と言うよりは冒険小説のような展開もありつつスケールはどんどんと大きくなるにも関わらず、登場人物はどんどんと世界が狭くなり、身近な人ばかりになってくる。

脱獄シーンにはびっくりだ。

プフェファコーンは脱獄した。

だけ。
大胆すぎる。自由すぎる。

ラストはいきなりファンタジー的というか村上春樹的というか。ここでもとても自由すぎるほどの自由さで物語は終わる。

あとがきを見ると本書「駄作」のテーマは「機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)」とのことで、つまりは「ご都合主義」ということだ。
そう考えるとシンプルすぎる脱獄シーンや、身近な人が鍵を握りすぎな展開もすべてフィクションとしての「ご都合主義」であり、メタ的な視点で書かれたものだとわかる。
個人的にそういう視点の小説は好きな方だけど、それを物語の中でもっと落とし込んでくれるとよかったな。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」