美輪和音「8番目のマリア」

強欲な羊」がよかったので、楽しみにしていたらいまいちだった。
角川ホラー文庫で楽しいと思ったことがないような気が・・・
ホラー自体にそんなに興味がないせいかもしれない。

本書「8番目のマリア」はよくある、デスゲームもの。
デスゲームもの好きで、点数甘くなるような人にはいいかもしれないけど、デスゲーム好きでもない人やデスゲーム好きだから点数辛くなるような人だと、とても退屈なものになると思う。

あらすじ

目覚めると7角形の部屋にいた中学時代の同級生7人に、仮面をかぶった人物が告げる。「皆様方のチャクラには悪しきカルマが蓄積しています。7人に共通する罪を告白して浄化するとともに、罪の主犯を多数決で決めてください」7色の椅子に拘束され、迎えた1回目の投票、最多得票の元同級生は首を吊られて殺された―。戦慄の心理戦の先に浮かび上がる真相とは!?驚愕のラストまで、一気読み必至のシチュエーションホラー!!
引用:Amazon「8番目のマリア」

ネタバレありの感想

本当によくあるタイプのデスゲームもの。
いや、僕はデスゲームものをそんなに数多く読んでいるわけではないので、確かなことは言えないんですけど、僕が読んできたデスゲームものと比較すると、本当によくあるタイプ。

眠りから覚めると昔からの仲間内である7人で密室に閉じ込められていて、口先で相手を騙し、投票をさせて仲間を脱落させていく。
彼らには、過去に犯した罪があり、それを告白しなければいけない。
というあらすじを1ヶ月後に聞いたらもうこの作品だって気づくことが出来ないかもしれない。
ヒントとして「登場人物はそれぞれ色にちなんだ名前がついています」とまで言われても、この作品だとは気づけない。
それくらい後に残るものが無かった。

告白される罪の内容も面白くないし、登場人物も頭が悪いキャラクターが多く心理戦も全くと言っていいほど無し。
次こいつが脱落するんだろうな、というのもバレバレで驚きも少ない。
結末もありがちで驚きはなく、へー、そうなんだ。くらい。

登場人物たちのキャラクターもブレブレで、本書ではこういう点で「脚本家の書いた小説」という弱点がすごく出てしまった。
悪い意味で映像的な視点でしか描けていない。
人の内面を描き切れていない。
画面の向こうからしか人物を見ていない。
映像ってあくまで第3者としての視点でしか物語を描けないんだな。って気付いた。
だから僕は映像よりも小説が好きなんだな。
そこに気づかせてくれたことには感謝。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」