河合莞爾「デッドマン」

派手だ。
派手なミステリーが好きだ。
派手な事件現場と派手なキャラクターと、とても好み。
とても少年漫画的で読みやすくて良き良き。

あらすじ

頭のない死体、胴体のない死体…身体の一部が持ち去られた6つの死体が都内で次々と発見される連続猟奇殺人事件が発生。鏑木鉄生率いる個性派揃いの特別捜査班4人が捜査に当たる中、一通の奇妙なメールが届く。差出人は「デッドマン」。彼は6つの死体のパーツを繋ぎ合わされて蘇った死人であると言い、自分たちを殺した犯人を暴くために協力したいというのだが…。第32回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。
引用:Amazon「デッドマン」

ネタバレありの感想

首切り死体から始まり、次は胴体の無い死体。
とにかく派手な現場。

そんな派手な事件を追う刑事側も派手。
一刑事が捜査本部長代行にいきなり任命されたり、無鉄砲な部下、執拗さが売りの同僚、口数の少ないプロファイラーなどとパーティーを組んだりと、RPGのよう、というかとても少年漫画的。そして、その少年漫画的な感じはスピード感と派手なキャラクターにも現れていて、絶妙な軽さでうまく回っている感じ。

あらすじを見ただけで知っている人はすぐに気づくでしょうが、作中でも島田荘司のあの名作について軽く触れられていますが(タイトルは作中では語られていない)、それだけあの作品は名作だし、衝撃を受けましたよね。
難しい問題だけど、参考文献に乗ってるけどそれもやめたほうがいいんじゃないかな。
まぁ、金田一少年と違ってトリックを盗んだりしたわけじゃないからそんなに目くじら立てることはないんだけど。

デッドマンも実際に死体をつぎはぎされたわけではなく、薬物と心理操作によって、自分が死体から再生した人間だと錯覚させていただけという、ちょっと都合が良すぎるものではあるけど、どうせ少年漫画的なフィクションだし、と素直に受け入れられた。
ここら辺は相性やタイミングだろうな。
こういうの嫌いで、全く受け入れられないことも多いもんな。
というか、ここまでフィクションなら実際に生き返った、でも許したかもしれない。
心理操作とわかった時、ちょっと残念だったのも確か。

好きだけど、そんなにお薦めとかはしない本。
僕は好きだけど。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」