小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」

キリストには謎が多く残されているというか、奇蹟の有無含め事実が不明なことが多いため、多くの人がここに謎を求めたくなったり解決を見つけたくなったりするのはとてもよくわかる。
僕としても、やはり題材が気になって読んだわけだし。

あらすじ

人類史上最大級の謎!
キリストの「復活」に驚愕のトリックが!?
体制に反逆する教えを説いて民衆の熱烈な支持を得、「神の子」と呼ばれたイエス。だが彼は反乱罪に問われ、十字架にかけられる。その死体は密室状態の洞窟から忽然と消え、イエスは救世主(キリスト)となって復活した。人類史上最大級の奇蹟の真相と驚愕のトリックに、本格推理の英才が挑む。 長編異色歴史ミステリー!
引用:Amazon「神の子(イエス・キリスト)の密室」

ネタバレありの感想

「復活」という奇蹟の謎を解くにしては、いかんせんトリックが弱すぎる。
トリックが弱いうえ、探偵役である主人公の頭が悪すぎて、小説としても中途半端。
せめて主人公の頭がよければ、トリックの弱さがリアリティを出したりしたかもしれないけど、穴だらけの推理だと頭の悪い主人公が解決するためのトリックというよりはナゾナゾをみんなが作っていたような印象すら持ってしまった。

13日の金曜日に磔にされ、安息日である土曜日には十字架から降ろされたってところまではいい。
「その時に槍で刺したけど血がいっぱい出たから、生きていたに違いない」って思いこむの頭悪すぎない?
その前に「死んですぐ刺したのでなければ・・・」とか言ってるのに、その「死んですぐ刺した」という可能性をすぐに捨ててしまうのは探偵としては致命的。
結果、実際に「死んでいなかった」ということではあったものの、決めつけてしまうのはどうかと・・・
あと、「死んでいなかった」と確信しているのに、密室である洞窟からは「誰かが運び出した」としか考えないのも理解できなかった。
「死んでいなかった」なら「一人で逃げ出した」の方がよっぽどありえるでしょうよ。
こんな風に(物語に)都合よく解釈してばかりの探偵には魅力を感じない。

無駄な描写が多く、掘り下げるべき部分を素通りしてしまったりと小説としても弱い。
相性かもしれないけど、全然心にひっかかるものがなかった。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」