下村敦史「真実の檻」

闇に香る嘘」の下村敦史が書く冤罪と主題としたミステリー。
「冤罪がなぜ起きるのか?」というのは、色々なところで語られていることで、目新しさがあるわけではないけど、本書「真実の檻」は冤罪問題だけでなく、「家族」というテーマも乗せていて物語として良き良き。

生還者」、「闇に香る嘘」に続いて3冊目の下村敦史。やっぱり好きだな。

あらすじ

1994年、現職の検察官が殺人犯として逮捕され、死刑判決を受けた―2015年、大学生の石黒洋平は、母が遺した写真から実の父がその死刑囚・赤嶺信勝であることを知ってしまう。苦悩する洋平は冤罪の可能性に賭け、雑誌記者の夏木涼子と私的な調査を開始する。人はいかにして罪に墜とされてゆくのか、司法とは本当に公正なものなのか、そして事件の真相は!?『闇に香る嘘』の新鋭がおくる、迫真のリーガルミステリ!!
引用:Amazon「真実の檻」

ネタバレありの感想

思わせぶりなプロローグのあと、実の父が殺人犯だった。と主人公である石黒洋平が気づくことから物語がスタート。
こういう導入を書けるのは見事。しっかりと心掴まられる。

実の父の冤罪事件を追うのにあたり、他の冤罪事件のいくつかに関わっていく石黒陽介と記者の夏木涼子。
他の冤罪事件は痴漢冤罪から、実際にあった事件を元に着想を得たであろう事件を、別角度で見ていく。
この構成が面白く、まるで連絡短編集のように、一つづつ冤罪事件を紐解いていく。

物語後半まで他に主要な登場人物が増えないとなると、メタ的推理ですでに亡くなった母か、育ての父、もしくはやはり実の父、のどれかが真犯人なんだろう、ということは簡単に予想がつく。
まぁ、本書は犯人当てミステリーではないかな、という印象。
読者が推理できる要素は全然ないし。
やはり、そういうミステリー的な点より実の父の冤罪を「信じたい」という気持ちや育ての父に対する「申し訳ない」という気持ちの揺れ動きや、ラスト育ての父が真犯人だった。とわかってからの息子としての行動なんかが丁寧に描かれている。
事件の起こった過程なんかはさすがにちょっと安易というか安っぽく感じてしまったのは残念。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」