江戸川乱歩「パノラマ島奇談」

こんな小説がもう90年以上も前に書かれていたということに驚く。
優れた作品は時代を超える。
全く色褪せていないし、今読んでもちゃんと怖く、ちゃんと面白い。

タイトルを、ずうっと「パノラマ島奇譚」だと思っていたので、本書のタイトル見たときにびっくりした。
Wikipediaによると

初出時のタイトルは『パノラマ島奇譚』で、単行本収録時に『パノラマ島奇談』と改題された。しかし、収録時等の表記は「奇譚」、「奇談」、「綺譚」等必ずしも一定していない。

だそうで、そんな適当な。
ちなみに「奇談」でも「きたん」と読むようです。

あらすじ

小説家人見広介は、自分と瓜二つの旧友、菰田源三郎の急死を知らされる。広介は大富豪の源三郎になりすまし、菰田家の莫大な財産を手に入れるという、荒唐無稽な計画を実行する。そして広介は、無人の孤島に自分が空想した終生の夢のパノラマ島を創り上げた!パノラマ島で展開される妖美な幻覚ともいえるあやしの怪奇譚は、読者を夢幻の世界へと誘い込んでゆく・・・・・・。 表題作のほか、「白昼夢」「鬼」「火縄銃」「接吻」4編を収録。
引用:Amazon「パノラマ島奇談」

ネタバレありの感想

太宰治の最高傑作は「人間失格」か「葉桜と魔笛」で悩むところ。
宮沢賢治だったら断トツで「黄いろのトマト」。
三島由紀夫だったらなんだかんだ言って「金閣寺」になるだろう。
と言ったところで江戸川乱歩の最高傑作は何になるだろう。
「押絵と旅する男」も「柘榴」もいいし、もちろん本書に収録されている「パノラマ島奇談」なんかも最高。

導入部分やラスト間際はテンポよく進むのに、なぜか途中のパノラマ島の幻想的な様子の描写のあたりは少々間延びしている印象はある。ここが一番の見せ場と言えるんだけど、さすがに退屈に感じる人も多かったらしく、連載当時にもそういう意見は多かったみたい。
しかし、圧倒的な描写力や幻想的で官能的な雰囲気、カタルシスを感じる結末など、さすがの江戸川乱歩。
なんとなくだけど、現代だったら人見広介は漫画家って設定になりそう。

その他の短編

その他の短編についても少しだけ。

白昼夢

本当に見事な短編。
短いながらも、美しさとその美に執着する人間の怖さ。
白昼夢を見ていたのが誰だったのか。
現代まで通じるサイコパスなキャラクターがこんな昔にすでに完成されている。
それが、江戸川乱歩が作り上げたものなのか、人間とはずうっとこんな感情を持っているものなのか。
そして、僕の大好きな「アップクチキリキアッパッパァ」も。

探偵小説。
大胆なトリックだけど、これ某ドラマでも使われてた。
この短編集にこれを入れたのは正直編集のミスだと思う。
作品はいい作品なんですけどね。

火縄銃

初めて読んだ気がするな。
これ大好き。
現場の様子の描写とタイトルから「まさか……」と思いつつ。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  17. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  18. よしもとばなな「ハゴロモ」
  19. サキ「サキ短編集」
  20. 中町信「天啓の殺意」
  21. 東野圭吾「赤い指」
  22. 湊かなえ「リバース」
  23. 西澤保彦「七回死んだ男」
  24. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  25. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  26. 下村敦史「真実の檻」
  27. 河合莞爾「デッドマン」
  28. 蒼井上鷹「出られない五人」
  29. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  30. 小山田浩子「穴」
  31. 北森鴻「共犯マジック」
  32. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  33. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  34. 日高由香「ゴメンナサイ」
  35. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  36. 獅子文六「ちんちん電車」
  37. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  38. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  39. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  40. 松下麻理緒「誤算」
  41. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  42. 美輪和音「8番目のマリア」
  43. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  44. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」