壁井ユカコ「サマーサイダー」

壁井ユカコ初読み。
タイトルや表紙からはすごく青春を感じる。
読み始めてみるとすぐにただの青春小説ではない空気感に包まれる。

と思ったらあらすじにも「青春ホラー」って書かれてるんだね。
納得。

あらすじ

卒業した中学は廃校になり、担任は変死した。そして夏休み、1年前の秘密が少年少女を追い詰める。瑞々しい感覚で描く青春ホラー
引用:Amazon「サマーサイダー」

ネタバレありの感想

序盤では倉田、三浦、恵の3人の距離感や3人の過去、そして現在の”夏”を描くことに注力していて、どこか不穏な空気が流れているものの、青春小説らしい世界観。
ここらへんの雰囲気から爽やかなだけの青春小説でないことは勘づけるんだけど、まさか後半ここまでの急展開が待っているとは。

ホラーだったり恋愛だったりサスペンスだったりSF要素だったりをラスト間際になって急に押し込めてくる。
「急だな」とは思うけど、フロムダスクティルドーンを見たときの感覚に近くて、これはこれで気持ちがいい読書体験。
この急な展開は、現実世界での話なのか、それとも何かのメタファーなのかそれとも、もしくはどこかファンタジーやSFとしての世界線なのか。
この境界線は最後まで曖昧な感じがしたままで、その宙ぶらりんな感じがとても独特で心地よい。
誰もが納得するような結末や結論を用意しなくても物語は十分に面白く成立する。

この急な感じは基本的には楽しかったんだけど、一点気になってしまったのが車の中での倉田と三浦のイチャイチャ。なんで恵は急に静かになったのか、がわからなくて読み返してしまったし、そもそもこういう描写はここまで必要だったのだろうか?

ごった煮のような要素がてんこ盛りになるので、そこに注目しちゃうけど、徹頭徹尾、三角関係+2人の話だよね、これ。
倉田、三浦、恵の三角関係に佐野、千比呂の2人。五角形というにはいびつすぎる関係性。
それが恋愛だけではなく、それぞれのコンプレックスやら憎しみやら混ざっていて独自の世界観を作っている。
ここら辺の描き方がとても上手で、のめり込めた。
以前友達に「男はキャラに萌えるけど、女は関係性に萌える」って名言をいただいたことを思い出した。
なるほど、女性作家らしい切り口だ。

ラスト近辺の蝉の描写は想像してしまってちょっと気持ち悪くなってしまうほどの筆力。
好きだな、壁井ユカコ。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  17. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  18. よしもとばなな「ハゴロモ」
  19. サキ「サキ短編集」
  20. 中町信「天啓の殺意」
  21. 東野圭吾「赤い指」
  22. 湊かなえ「リバース」
  23. 西澤保彦「七回死んだ男」
  24. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  25. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  26. 下村敦史「真実の檻」
  27. 河合莞爾「デッドマン」
  28. 蒼井上鷹「出られない五人」
  29. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  30. 小山田浩子「穴」
  31. 北森鴻「共犯マジック」
  32. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  33. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  34. 日高由香「ゴメンナサイ」
  35. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  36. 獅子文六「ちんちん電車」
  37. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  38. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  39. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  40. 松下麻理緒「誤算」
  41. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  42. 美輪和音「8番目のマリア」
  43. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  44. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」