北森鴻「共犯マジック」

あらすじに書かれた「連作ミステリーの到達点を示す傑作長編」という言葉があまりに大胆でさすがに気になる。
そして、「フォーチュンブック」という占い書を巡る物語ということで、こういうムー的な要素が入った物語は大好物なので涎たらしながら読む。

一応短編集という体裁だけど、「フォーチュンブック」という共通のアイテムを軸に持ってきており、話はどこかで繋がっている。
という所までは最初からバレバレな状態。

あらすじ

人の不幸のみを予言する謎の占い書「フォーチュンブック」。偶然入手した七人の男女は、運命の黒い糸に絡めとられたかのように、それぞれの犯罪に手を染める。錯綜する物語は、やがて驚愕の最終話へ。連作ミステリーの到達点を示す傑作長篇。
引用:Amazon「共犯マジック」

ネタバレありの感想

「フォーチュンブック」という不幸のみを予言する本とそれを手に入れた人物を軸にした話。
この構造によって、最後まで読まなくとも、一つの物語に繋がることは最初からわかる。
とはいうものの、それにしては話が散らかっている印象。
話はどんどんと風呂敷が広がって行くものの、まとめ切れなかった印象。
冒頭もヒントが過ぎる。

昭和の事件を扱っていると、三億円事件が絡んでくるのは容易に想像がつく。
そこに意外性は感じられないが、三億円事件とグリコ・森永事件の犯人が同一人物というのはさすがに大胆な説でここはすごく楽しかった。

「フォーチュンブック」というアイテムは空恐ろしく、とても魅力的な要素。
これをもっとうまく、綿密に使ってくれたらよかったな。
大風呂敷広げまくった物語だけど、もうちょっと小さなスケールの話を期待していたし、占い書というアイテムに関わっていくならその方がリアリティや、緊迫感が生まれたんじゃなかろうか。
スケールはでかけりゃいいってもんじゃないな。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」