辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」

大好きな辻村深月がドラえもんを書く。
そりゃ、興味もすごいし期待もすごい。
映画が先か小説が先か、悩んだあげくに映画を先に見た

久しぶりの映画館だったし、もっともっと久しぶりのドラえもんだったんだけど、とてもいい映画だった。
小さい頃、別にドラえもん好きではなかったし、もしかしたら初めて映画館でドラえもんを見たかもしれない。そんなことないかもしれない。

本書のタイトルは「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」であって「小説ドラえもん のび太の月面探査記」では無い。
そのタイトルが示す通り、これは原作小説では無い。
インタビューでも語られている通り、辻村深月はまず脚本を書き進めている段階で最初は小説化するつもりはなかった。
それでも小説化することに決め、脚本から映画スタッフが映画を作っていくように、脚本から小説を書いたもの。
だからこそ「映画ドラえもん のび太の月面探査記」はちゃんと映画になっていたし、「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」では小説向きではない場面もしっかりと描かれている。

ハードカバーの装丁が最高に良き。
シックで豪華な表紙をめくると思わず微笑んでしまう仕掛けもあって。
ハードカバーってやっぱりいいなぁ。
積ん読すごいし、持ち運びのこと考えるとハードカバーってあんまり買わないようにしていたんだけど、最近そのハードルが下がってしまっている。
節約しなくちゃ……

あらすじ

月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。
のび太はそれを「月のウサギだ! 」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。
そこでドラえもんのひみつ道具〈異説クラブメンバーズバッジ〉を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。
そんなある日、のび太のクラスに、なぞの転校生がやってきた。
引用:楽天ブックス

ネタバレありの感想

基本的には原作(映画)にとても忠実な小説になっている。
ドラえもんを愛している辻村深月だからこそ書けた愛に溢れた小説。

本書のテーマは「想像力」。
冒頭の「月にウサギがいる」と断言するのび太はもちろん、それを笑ったクラスのみんなも、「エクトプラズム」や「宇宙人」などなど、それぞれの想像力を発揮している。
ルカたちの両親が「準備していた」のも想像力があったからこそだし、悪役であるディアボロすら「想像力が破壊を生み出す」と言っている。
「想像力」は良くも悪くも使えるということを言ってしまう残酷さ・公平さもとても辻村深月らしい。
そして、その想像力の持つ力を「異説クラブメンバーバッジ」というひみつ道具に見事に落とし込んで、ドラえもんという舞台だからこその物語になっている。

映画で語られなかったシーン

映画ではディアボロとの闘いが終わるとそのままルカ達との別れになるが、小説オリジナルの展開として地球に戻りルカを交えてかけっこをする。
そのシーンがこれでもかってくらい泣けてくる。
あまりにいいシーンすぎる。
ディアボロという人工知能との未来的で複雑な対決を終えた後に、友達だけで”走るだけ”というとても原始的で直接的な対決。
競い合うことが悪いわけじゃなく。
勝つとか、負けるとかが悪いわけじゃなく。
どういう想像力をどこに持っておくのか。それが一番大事だ。
とても深いテーマで、すごい泣けた。

まとめ

ドラえもんという舞台ながら、とても辻村深月らしさが多々つまった小説。
今回、小説で読んだときにルカのこのセリフがとても胸に刺さった。もう一度映画を見たいくらいだ。

「のび太のおやつと同じだね」
引用:「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」

本当に素敵な装丁だし、本当に素敵な物語だし、宝物のような一冊になってしまった。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 今村昌弘「屍人荘の殺人」
  8. 市川憂人「ジェリーフィッシュは凍らない」
  9. 宮下奈都「たった、それだけ」
  10. 小林泰三「アリス殺し」
  11. 古処誠二「アンノウン」
  12. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  13. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  14. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  15. 高山一実「トラペジウム」
  16. 辻村深月「きのうの影踏み」
  17. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  18. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  19. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  20. 美輪和音「強欲な羊」
  21. 瀬尾まいこ「戸村飯店 青春100連発」
  22. 金原ひとみ「星へ落ちる」
  23. 豊島ミホ「夏が僕を抱く」
  24. 降田天「彼女はもどらない」
  25. よしもとばなな「ハゴロモ」
  26. 河野裕「いなくなれ、群青」
  27. 神宮司いずみ「校舎五階の天才たち」
  28. サキ「サキ短編集」
  29. 中町信「天啓の殺意」
  30. 三浦しをん「小暮荘物語」
  31. 柾木政宗「朝比奈うさぎの謎解き錬愛術」
  32. 彩坂美月「少女は夏に閉ざされる」
  33. 東野圭吾「赤い指」
  34. 小林泰三「世界城」
  35. 湊かなえ「リバース」
  36. 西澤保彦「七回死んだ男」
  37. 麻耶雄嵩「貴族探偵対女探偵」
  38. 橋本紡「彩乃ちゃんのお告げ」
  39. 歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」
  40. 西本秋「闇は僕らをつないでいる」
  41. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  42. 雫井脩介「犯罪小説家」
  43. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  44. 下村敦史「真実の檻」
  45. 河合莞爾「デッドマン」
  46. 蒼井上鷹「出られない五人」
  47. 笹沢佐保「どんでん返し」
  48. 貫井徳郎「ドミノ倒し」
  49. 村崎友「夕暮れ密室」
  50. 澁澤龍彦「秘密結社の手帖」
  51. 北森鴻「共犯マジック」
  52. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  53. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  54. 大山誠一郎「密室蒐集家」
  55. 深木章子「敗者の告白」
  56. 清涼院流水「全日本じゃんけんトーナメント」
  57. 日高由香「ゴメンナサイ」
  58. 青柳碧人「猫河原家の人びと 一家全員、名探偵」
  59. 小山田浩子「穴」
  60. 長崎尚志「闇の伴走者 醍醐真司の博覧推理ファイル」
  61. 獅子文六「ちんちん電車」
  62. 堀内公太郎「スクールカースト殺人同窓会」
  63. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  64. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  65. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  66. 松下麻理緒「誤算」
  67. 小林由香「ジャッジメント」
  68. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  69. 美輪和音「8番目のマリア」
  70. 大石圭「60秒の煉獄」
  71. 小林聡美「読まされ図書室」
  72. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」
  73. 矢部嵩「紗央里ちゃんの家」
  74. 浅暮三文「困った死体」
  75. おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」