平山夢明「ダイナー」

最っ高に面白かった。読んでる間ずうっと幸せだった。
平山夢明は初読みなんだけど、「ダイナー」1冊でファンになってしまったかもしれない。
この全力加減最高。
作者のあとがきにもあったけど、読者を殺しに来ている感じがすごくよく伝わってくる。
僕も全力で挑んだ。

暴力的な表現やグロめな表現は多いものの、嫌悪感はほとんど感じなかった。
それどころか、爽快感すら感じるのはこのスピード感やネーミングセンスの良さだろうな。
ボンベロやディーディーなど無国籍な名前のおかげで現実感が薄れている。
そんな中、主人公はオオバカナコと感情移入のしやすい名前。
視点だけでなく、僕の感情としてもオオバカナコの目線で物語が進んでいく。
それが緊張感を生んでいるし、大変なことに巻き込まれている感じを追体験できる。
最高のエンタメ小説。

あらすじ

ひょんなことから、プロの殺し屋が集う会員制ダイナーでウェイトレスをする羽目になったオオバカナコ。
そこを訪れる客は、みな心に深いトラウマを抱えていた。一筋縄ではいかない凶悪な客ばかりを相手に、
カナコは生き延びることができるのか? 次々と現れる奇妙な殺し屋たち、命がけの恋──。

人の「狂気」「恐怖」を描いて当代随一の平山夢明が放つ、長編ノワール小説。
引用:Amazon

ネタバレありの感想

オオバカナコが殺し屋が集まる会員制ダイナー「キャンティーン」に落ちてからが物語の本番なんだけど、冒頭のカーチェイスのシーンからして緊張感がすごい。
やっぱり導入って大事だな。
カイジもエスポワールに乗る前までが最高に楽しいしな。

殺し屋が集まるということで、もちろん拷問シーンなど、グロい表現は多い。
グロとグルメ。
これほど相性の悪そうな組み合わせもなさそうなのに、この小説読むとお腹が空く。
ボンベロの作る料理が本当においしそう。

わかりやすく未来を感じさせる結末も良き。
最高に楽しい小説だった。
また読みたいし、この作者の他の本も必ず読もう。

漫画化・映画化について

派手でメディアにしやすい作品でしょうし、向いている作品だと思います。
すでに漫画化されているし、映画も蜷川実花監督、藤原竜也主演で今年公開予定だそうで。
漫画のボンベロもオオバカナコも正直イメージ違うんだけど、より問題なのは映画。
ボンベロが藤原竜也って・・・
まず、ボンベロのイメージが藤原竜也につながってこないし、ここは個人の趣味の問題なのでなんとか目をつぶったとしても藤原竜也にボンベロが演じられるとはどうやっても思えない。
藤原竜也の演技が嫌いとかそうじゃないんだよ。そういう演技する人じゃないじゃん。ってだけ。
もっと新解釈して藤原竜也がオオバカナコやったほうがまだ興味持てたよ。

見てもいないのに判断するなって意見をよく聞きますが、こっちはお金払わなきゃいけないんだ。
見る前からある程度の判断はさせてくれ。
そして、にわかだろうと、この物語のファンなんだ、愚痴くらい言わせてくれ。

2019年 年間ベスト

  1. 平山夢明「ダイナー」
  2. 紗倉まな「最低。」
  3. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  4. 綿矢りさ「憤死」
  5. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  6. 高山一実「トラペジウム」
  7. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  8. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  9. 日高由香「ゴメンナサイ」
  10. 獅子文六「ちんちん電車」
  11. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  12. 松下麻理緒「誤算」
  13. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」