獅子文六「ちんちん電車」

獅子文六の随筆集。
エッセイ集と呼ぶよりは随筆集の方が雰囲気合ってる。
都電が廃止されるとの噂を聞き、獅子文六が週刊朝日に連載した彼の愛した都電や東京のアレコレ。

それにしてもちくま文庫ってやっぱりいい。表紙素敵だ。

あらすじ

品川を出発して、新橋、銀座、日本橋、上野、そして浅草へ―。獅子文六は愛してやまなかった都電に乗りこみ、街々をめぐる。車窓を流れるなつかしの風景、老車掌のたたずまいに、うまいもの。昭和のベストセラー作家お気に入りの都電と東京の街がよみがえる、名エッセイにして最高の東京案内。
引用:Amazon「ちんちん電車」

感想

こうやって都電や東京に対して思うことを書き連ねるだけでこんなにも読みごたえのある文章を書けるのはさすが獅子文六。
今はもう消えてしまった景色が書かれている。

食べ物や風俗に関わる証言はとても興味深く、こういう本が現代も読まれていることはとても有意義なことだろう。
獅子文六自身も自分の随筆がこんなに長い時代読まれるとは思っていなかったのではなかろうか。

消えていく都電を作者から見た色鮮やかさで残してくれている。
都電に対する愛が感じられて心が温かくなってしまう。

思わずにやけてしまったり、食事の描写がとてもおいしそうだったり、獅子文六のユーモア・文章のうまさがたっぷりと詰まった一冊。
そしてそれが、とても楽しい一冊。
都電を貸切って王の気分を味わう件や天ぷら屋で煙草をもらう件とか最高。

僕の知らない東京なんだけど、確かに現代の東京に続いてる何かは感じる。
歴史的な証言としての価値とか置いておいて、やっぱり文章が心地良い。テンポ感だったり、思想がしっかりとあるのに嫌味になっていなかったり、どこか可笑しい雰囲気はずうっと保たれている。
気楽でスっとする読書体験ができる。
獅子文六はこれで「コーヒーと恋愛」に続いてまだ2冊目なんだけど、他のも読まなきゃな。
良き良き。

2019年 年間ベスト

  1. 辻村深月「小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記」
  2. 平山夢明「ダイナー」
  3. 紗倉まな「最低。」
  4. 井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」
  5. 綿矢りさ「憤死」
  6. 周木律「眼球堂の殺人」
  7. 古処誠二「アンノウン」
  8. 江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
  9. 壁井ユカコ「サマーサイダー」
  10. 詠坂雄二「インサート・コイン(ズ) 」
  11. 高山一実「トラペジウム」
  12. 朱川湊人「都市伝説セピア」
  13. 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
  14. 高橋由太「紅き虚空の下で」
  15. 美輪和音「強欲な羊」
  16. 東野圭吾「赤い指」
  17. 西澤保彦「七回死んだ男」
  18. 根本聡一郎「プロパガンダゲーム」
  19. はやみねかおる「そして5人がいなくなる」
  20. 下村敦史「真実の檻」
  21. 河合莞爾「デッドマン」
  22. 小山田浩子「穴」
  23. 北森鴻「共犯マジック」
  24. はやみねかおる「亡霊は夜歩く」
  25. ジェシー・ケラーマン「駄作」
  26. 日高由香「ゴメンナサイ」
  27. 獅子文六「ちんちん電車」
  28. 島田荘司「御手洗潔の挨拶」
  29. 堀内公太郎「スクールカースト殺人教室」
  30. 菅原和也「あなたは嘘を見抜けない」
  31. 松下麻理緒「誤算」
  32. 小杉健太郎「神の子(イエス・キリスト)の密室」
  33. 美輪和音「8番目のマリア」
  34. 藤岡真「ゲッベルスの贈り物」