早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」

まず正直に言ってしまうと、この作品好きじゃないです。
かと言って、嫌いにもなれない。
この作品に関してはこういう好き嫌いの感想以外の何を言ったところでネタバレになっってしまうと思うのでご注意ください。
読むのであれば、絶対にネタバレ無しで読まないとダメな作品。

あらすじ

アウトドアが趣味の公務員・沖らは、フリーライター・成瀬のブログで知り合い、仮面の男・黒沼が所有する孤島で毎年オフ会を行っていた。沖は、今年こそ大学院生・渚と両想いになりたいと思っていたが、成瀬が若い恋人を勝手に連れてくるなど波乱の予感。孤島に着いた翌朝、参加者の二人が失踪、続いて殺人事件が!さらには意図不明の密室が連続し…。果たして犯人は?そしてこの作品のタイトルとは?
引用:楽天ブックス

「前代未聞のタイトル当てミステリー」という点に惹かれて購入。
メフィスト賞だし、何かしら楽しませてくれるでしょう。という期待もありつつ。

ネタバレありの感想

「ネタバレ厳禁」とかそういう煽りは嫌いですが、本書「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」は初見でのインパクトをすごく重要視しているのは確か。
そもそもがタイトルからしてインパクト重視。
実際僕もタイトルに惹かれて購入しているし、その作戦は大成功でしょう。

バカミスということを知らずに読んだので、こういうのを読みたい気分じゃなかった。
というのが一番の感想。
バカミスファンは楽しいだろうな。うらやましい。
でも、表紙とかタイトルからバカミス臭を感じてもよかったハズ。
僕が悪い。

やけに盛ってます。
読者への挑戦状あり、仮面の男、孤島もの、密室(しかも針と糸)、叙述トリックありと、なんでもあり。そしてこれらのミステリー的要素をことごとく斜め上から見て、その上おちょくってる。
そこを許せるかどうかでこの本の評価が大きく変わる気がします。
僕は許せるけど、本格から逃げているように感じてしまってあまりいい印象を持てなかったです。

あとは「南国モード」が読んでいて辛かった。
ヒントとしても大きすぎるし。
ロジックにもあまりに無理がある点が多いのが残念。

でも、バカミスとしてはすごくすごくいい作品だと思います。
なんだかんだ、2作目とかも読むことになると思う。

2017年 年間ベスト

  1. 村田沙耶香「殺人出産」
  2. 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」
  3. ルイス・サッカー「穴」
  4. 梓崎優「叫びと祈り」
  5. 舞城王太郎「煙か土か食い物」
  6. 舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」
  7. 柾木政宗「N0推理、NO探偵?」
  8. 城平京「虚構推理」
  9. 辻村深月「名前探しの放課後」
  10. 三島由紀夫「命売ります」
  11. 森博嗣「すべてがFになる」
  12. 米澤穂信「満願」
  13. 豊島ミホ「底辺女子高生」
  14. 江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」
  15. 太宰治「人間失格」
  16. 辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」
  17. 深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」
  18. 麻耶雄嵩「貴族探偵」
  19. 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
  20. 喜国雅彦「本棚探偵の生還」
  21. 森博嗣「冷たい密室と博士たち」
  22. 西澤保彦「殺意の集う夜」
  23. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  24. 森絵都「宇宙のみなしご」
  25. 湊かなえ「山女日記」
  26. 霧舎巧「名探偵はもういない」
  27. 泡坂妻夫「湖底のまつり」
  28. 降田天「女王はかえらない」
  29. 森絵都「気分上々」
  30. 辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
  31. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  32. 辻村深月「光待つ場所へ」
  33. エドガー・アラン・ポー「黒猫」
  34. 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」
  35. 法条遥「忘却のレーテ」
  36. 折原一「グランドマンション」
  37. 辻村深月「ロードムービー」
  38. 瀬尾まいこ「強運の持ち主」
  39. 志駕晃「スマホを落としただけなのに」
  40. 桐山徹也「愚者のスプーンは曲がる」
  41. 峰月皓「七人の王国」
  42. 湊かなえ「母性」
  43. 飯田譲治 梓河人「盗作」
  44. 伊坂幸太郎「残り全部バケーション」
  45. 折原一「遭難者」
  46. 折原一「螺旋館の殺人」
  47. 芦沢央「罪の余白」
  48. 井上夢人「魔法使いの弟子たち」
  49. ジェフリー アーチャー「百万ドルをとり返せ!」
  50. 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」
  51. 竹吉優輔「襲名犯」
  52. 湊かなえ「境遇」
  53. 長谷川夕「僕は君を殺せない」
  54. 早坂吝「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」
  55. 蘇部健一「六枚のとんかつ」