Nobutake Dogen.com

本谷有希子「グ、ア、ム」

江南亜美子さんの解説にもありましたが、「劇作家の書いた小説」という冠はもう必要ない。
数ある小説の一作品としてとても輝いているし、抜きん出て面白い。
とてもよき。

あらすじ

北陸育ちの姉妹。長女は大学を出たもののバイト生活を送る、いわゆる「ワーキングプア」。そんな姉を反面教師にした次女は、高卒で信用金庫に就職。姉妹は母も交えた女三人でグアム旅行に出かけることになるが、長女の身勝手な行動のせいで、早くも旅は不隠なムードに…。時代の理不尽、血の繋がった女同士のうっとうしさを、シニカルな筆致で笑い飛ばす、奇妙で痛快なホームドラマ。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想

「グ、ア、ム」というタイトルで161pと薄いにも関わらずグアムに到着するのが85p。
しかも

グアムは、
グアムは生憎の雨だった。

と。
最高だ。

僕は男だし、兄弟も兄がいるだけなので、「グ、ア、ム」で描かれている母、姉、妹という女性3人の関係性が本当にリアルなのかはわからない。
でも、僕にはとてもリアルに見える。
それは、女性3人の関係性ってことももちろんあるし、この3人の関係性がとてもリアル。
もちろん、それこそ劇作家の宿命としてエンターテイメント的に誇張されているであろう部分はあるものの、3人それぞれの思考の動き方などすごく生々しくて読んでいて笑いながら、見てはいけないところまで見てしまっているような罪悪感すら覚えてしまう。
そんな中、出てくる男、父、姉の彼氏、妹の彼氏の3人がどれもフィクション的で、それぞれのキャラクター(人間性)から見たキャラクター(偶像性)ってこんな感じなのかもしれない。
人間っぽいってなんだろう。

と、まぁ、割と難しいことを考えさせられてしまう部分もありつつ、小説の本筋としてはコメディ。
チェックイン前から、側から見るととてもくだらないことで揉める姉と妹と、その間でオロオロとする母。
そして、せっかくグアムに着いたと思ったら、雨。
3人の旅は大きなトラブルも無いのに、全然うまく行かない。

2泊3日の旅行の、2日目の夜。
チャモロヴィレッジで、関係性がようやく少しだけ変化する。
母は無理に仲良くして欲しいとは思っていないのにも関わらず、姉と妹は母のために旅行中を楽しそうにすごくことを約束。
そのこと自体はとても美しい関係性。僕もなんだかんだ「よかった」と思ってしまった。
それを見た母は薄気味悪さを感じつつも、姉妹のやりとりは嬉しく見ており、そこにいない父のことも思う。
家族が一つにまとまった。
このチャモロヴィレッジでの夜、チャモロの末裔たちのダンスを見ているシーンで終わってもよかった。
姉妹の関係性が良くなったのは旅の間だけなのかもしれないが、それでも小説の締め方としてはとても綺麗だ。

だが、3日目の朝はやってくる。帰国日。
奇跡的に晴れたものの、妹の急な生理によって結局海には入れず。
最後の最後までうまく行かない3人と思ったら、
昼寝している母と妹に隠れ、ホテルの時計を進めて、飛行機に乗り遅れた状況を作り出そうとする姉。
「嫌やわー、あっち帰るの」と言った母のためか、どうしても海に入りたかった自分自身のためか。
後者だといいな。
「ロスジェネ」で「ワーキングプア」であることをコンプレックスとした姉がそういった荷物を少しでも降ろして行こうとすることは、確実に成長だし、そうなってくれれば災難続きのこの旅にも意味が出てくる。

2018年 年間ベスト

  1. 詠坂雄二「電氣人間の虞」
  2. 西加奈子「ふる」
  3. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  4. 西加奈子「漁港の肉子ちゃん」
  5. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  6. 筒井康隆「朝のガスパール」
  7. 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」
  8. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  9. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  10. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  11. 江國香織「流しのしたの骨」
  12. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  13. 竹本健治「涙香迷宮」
  14. 下村敦史「闇に香る嘘」
  15. 中村文則「何もかも憂鬱な夜に」
  16. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  17. 本谷有希子「グ、ア、ム」
  18. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  19. 豊島ミホ「初恋素描帖」
  20. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  21. 野村美月「晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と」
  22. 深水黎一郎「ミステリー・アリーナ」
  23. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  24. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  25. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  26. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  27. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  28. 法月綸太郎「ノックス・マシン」
  29. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  30. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  31. 青山七恵「魔法使いクラブ」
  32. クレア・ノース「ハリー・オーガスト、15回目の人生」
  33. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  34. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  35. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  36. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  37. 有栖川有栖「46番目の密室」
  38. 青崎有吾「体育館の殺人」
  39. 下村敦史「生還者」
  40. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  41. 早見和馬「イノセント・デイズ」
  42. 東野圭吾「鳥人計画」
  43. 木内一裕「デッドボール」
  44. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  45. 山口雅也「PLAY プレイ」
  46. 森絵都「カラフル」
  47. 井上荒野「あなたの獣」
  48. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  49. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  50. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  51. 辻村深月「水底フェスタ」
  52. 櫛木理宇「死刑にいたる病」
  53. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  54. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  55. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  56. 連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」
  57. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  58. 筒井康隆「虚人たち」
  59. 西澤保彦「殺す」
  60. 東野圭吾「放課後」
  61. 長江俊和「出版禁止」
  62. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  63. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  64. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  65. 西村京太郎「殺しの双曲線」
  66. 秋吉理香子「暗黒女子」
  67. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  68. 折原一「覆面作家」
  69. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  70. 豊島ミホ「陽の子雨の子」
  71. 法月綸太郎「雪密室」
  72. 芦沢央「悪いものが、来ませんように」
  73. 恒川光太郎「夜市」
  74. 河野裕「最良の嘘の最後のひと言」
  75. 円城塔「オブ・ザ・ベースボール」
  76. 山本甲士「ひなた弁当」
  77. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  78. 瀬尾まいこ「温室デイズ」
  79. 瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」
  80. 歌野晶午「女王様と私」
  81. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  82. 井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」
  83. 相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」
  84. 大島真寿美「ふじこさん」
  85. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  86. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  87. L・M・モンゴメリ「赤毛のアン」
  88. 首藤瓜於「脳男」
  89. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  90. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  91. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  92. 湊かなえ「豆の上で眠る」
  93. 野中柊「小春日和」
  94. 新藤卓広「秘密結社にご注意を」
  95. 原宏一「床下仙人」
  96. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  97. 田中慎弥「田中慎弥の掌劇場」
  98. 折原一「耳すます部屋」
  99. 竹内雄紀「悠木まどかは神かもしれない」
  100. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  101. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  102. 木下半太「鈴木ごっこ」
  103. 香月日輪「桜大の不思議の森」
  104. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  105. 遠藤武文「トリック・シアター」
  106. 松田道弘「トリックのある部屋―私のミステリ案内」
  107. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
  108. 川村元気「世界から猫が消えたなら」
  109. 村田治「名探偵は推理しない」
スポンサーリンク

Book | 2018年8月18日