Nobutake Dogen.com

竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」

竹宮ゆゆこは家族を書く。
ラノベ作家としての竹宮ゆゆこは「とらドラ!」しか知らないんだけど、その頃から家族を書いている。
家族になろうとする人間関係を書いている。

「砕け散るところを見せてあげる」や「知らない映画のサントラを聴く」もライトノベル感はありましたが、今作はだいぶラノベ感強め。
文春文庫から出ているというのが、途中にイラストが入らないのが不自然に感じるくらい。
それでもやはり、面白かった。
竹宮ゆゆこ、安心して読める作家の一人だ。

あらすじ

高校生の月岡瑛人は、進学校で学ぶ優等生で家族(居候含む)思い。友達とも仲良くやっているが、秘めた衝動をもっていた。その衝動を受け止めるサンドバッグになっていたくまのぬいぐるみを失った瑛人が半狂乱で探した末、かわりに出会ったのは半死状態の美女!?「孤独をこじらせた少年」は、居場所を見つけられるのか―。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想

瑛人は自分が孤独だと思っている。
瑛人を囲む家族はとても、いい家族で、父も母も妹も居候も、みんないい人たちで、瑛人は満たされている。ということもきちんと理解したうえでそれでもなお、自分は孤独だと思っている。
それは血の繋がりという、どうしようも無い部分で自分だけ外れている。なんて所からくる感情なんだろうけど、そんな血が繋がっていないことで孤独を感じる瑛人が、アイスを家族に迎え入れようと奮闘する様はもちろん滑稽であるんだけど、とても胸を打つ。
若者特有の視野の狭さで、他の大切なことをたくさん見落としている。
そんな瑛人の成長譚。
あと、観路がかわいい物語。

どこかに消えて行ってしまいそうに見えた瑛人のために父と母と妹も不安があって、瑛人にとって実の兄である高野橋さんを、親戚として住まわせていた。
瑛人の視点から見ると、父も母も妹も高野橋さんもみんな、幸せそうで安定した家族に見えていたけど、実際にはみんなの中にも不穏な気持ちや不安定な気持ちはしっかりとあって、そのことに気付けない瑛人は確かに子供だった。
あと、観路はかわいい。

ラストシーンのこの台詞。

「綺麗でしょ」
「なに言ってんの。ちゃんと見てみな。じゃあ明日、暗くなってから連れて行ってあげる。もう一回ちゃんとその目で確かめてごらん」

素晴らしい。
スカイツリーから見た夜景を指してのアイスの台詞なんだけど、宝石箱のような、それぞれの家庭や人間が発している光、それらを理由などもなく、ちゃんと綺麗だと言える竹宮ゆゆこのまっすぐさは本当に素晴らしい。
なかなかここまでストレートに家族愛を語れる人はいないんじゃなかろうか。
あと、観路ほどかわいい妹はなかなかいないんじゃなかろうか。

「あしたはひとりにしてくれ」とは、瑛人の言葉なのか、それともアイスやもしかしたら高野橋さんの言葉なのか。
なんにせよ、つまり今はひとりじゃないからそんなことが言える。
かわいい観路もいるからね。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 筒井康隆「朝のガスパール」
  5. 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」
  6. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  7. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  8. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  9. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  10. 竹本健治「涙香迷宮」
  11. 下村敦史「闇に香る嘘」
  12. 中村文則「何もかも憂鬱な夜に」
  13. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  14. 本谷有希子「グ、ア、ム」
  15. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  16. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  17. 深水黎一郎「ミステリー・アリーナ」
  18. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  19. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  20. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  21. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  22. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  23. 法月綸太郎「ノックス・マシン」
  24. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  25. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  26. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  27. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  28. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  29. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  30. 有栖川有栖「46番目の密室」
  31. 青崎有吾「体育館の殺人」
  32. 下村敦史「生還者」
  33. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  34. 東野圭吾「鳥人計画」
  35. 木内一裕「デッドボール」
  36. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  37. 森絵都「カラフル」
  38. 井上荒野「あなたの獣」
  39. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  40. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  41. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  42. 櫛木理宇「死刑にいたる病」
  43. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  44. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  45. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  46. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  47. 西澤保彦「殺す」
  48. 東野圭吾「放課後」
  49. 長江俊和「出版禁止」
  50. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  51. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  52. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  53. 西村京太郎「殺しの双曲線」
  54. 秋吉理香子「暗黒女子」
  55. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  56. 折原一「覆面作家」
  57. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  58. 法月綸太郎「雪密室」
  59. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  60. 瀬尾まいこ「温室デイズ」
  61. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  62. 相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」
  63. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  64. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  65. L・M・モンゴメリ「赤毛のアン」
  66. 首藤瓜於「脳男」
  67. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  68. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  69. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  70. 野中柊「小春日和」
  71. 原宏一「床下仙人」
  72. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  73. 折原一「耳すます部屋」
  74. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  75. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  76. 木下半太「鈴木ごっこ」
  77. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  78. 遠藤武文「トリック・シアター」
  79. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年7月14日