Nobutake Dogen.com

筒井康隆「朝のガスパール」

筒井康隆は天才だ。
天才の定義がどんなものかはわからないけど、少なくとも筒井康隆は天才だ。
小説の楽しさ、SFの楽しさ、インターネットの楽しさと、それぞれのつまらなさがたっぷり詰め込まれた物語。

つまらなさ、という言葉は間違いだな。
退屈さ、と言った方がまだ近いかな。
とは言え、1冊として読むと退屈な部分は全くない。最初から最後までずうっと楽しい。
この小説は朝日新聞で1991年10月〜1992年3月まで連載されていた長編で、恐らく新聞連載で読んでいた人の中には、話が色々な所に広がりすぎていて、退屈に思った回が多々あった人が多くいたのではないかと思う。

あらすじ

コンピューター・ゲーム『まぼろしの遊撃隊』に熱中する金剛商事常務貴野原の美貌の妻聡子は株の投資に失敗し、夫の全財産を抵当に、巨額の負債を作っていた。窮地の聡子を救うため、なんと“まぼろしの遊撃隊”がやってきた! かくして債務取立代行のヤクザ達と兵士達の銃撃戦が始まる。虚構の壁を超越し、無限の物語空間を達成し得たメタ・フィクションの金字塔。日本SF大賞受賞。
引用:Amazon

あらすじを読むといつもの筒井康隆のドタバタSFコメディという感じだけど、”メタ・フィクションの金字塔”という言葉の通り、メタ・フィクションとしての1つの完成系ではなかろうか。
いや、メタ・フィクションというよりは、メタ・ドキュメンタリーと言えるような小説。

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

とある惑星で謎の生物と戦うシーンから始まったかと思いきや、それは企業の役員達が楽しむネットゲームの話。
そこから場面が大きく変わり、役員の妻などが参加するパーティーの場面で株式投資の話が展開されていく。

そして、場面はさらに大きく変わり、作者の代弁者として「朝のガスパール」の作者として作家と編集者が出てくる。
作者(筒井康隆)のもとへ読者から投書やパソコン通信での届いた感想や提案ついて憤慨したり批評したり。
“読者参加型”ということで読者の提案などによって、物語の展開が変わっていく。
それは、ただ単に読者の好みの物語なっていく、というような安易なものではなく、あくまで物語をコントロールしているのは物語にとっての神(朝のガスパールにおいては神としてほどの力は持っておらず、せいぜいリーダーと言った所)としての作者であって、制御不可能な部分を作者が楽しんでいるように感じる。そしてその楽しんでいる感覚が小説としての楽しさに繋がっていて、「朝のガスパール」をメタ・フィクションの金字塔たらしめているし、SFとしても素晴らしい作品になっている。

今読むと、インターネットやネットゲームなどなど、先見の明があるな、と思ったんだけど先見の明というよりは向かいも今も人間の本質は何も変わっていない、ということではないかな。
筒井康隆は人間の本質を見ることができるおかげで未来のことを書くと先見の明があるように見えるだけなのではないかな、と。

これだけ話を広げ、そこに読者までを巻き込みながらも、面白いまま最後まで突っ走れるすごさ。
筒井康隆天才だ。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 筒井康隆「朝のガスパール」
  5. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  6. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  7. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  8. 竹本健治「涙香迷宮」
  9. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  10. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  11. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  12. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  13. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  14. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  15. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  16. 有栖川有栖「46番目の密室」
  17. 青崎有吾「体育館の殺人」
  18. 下村敦史「生還者」
  19. 木内一裕「デッドボール」
  20. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  21. 森絵都「カラフル」
  22. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  23. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  24. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  25. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  26. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  27. 東野圭吾「放課後」
  28. 長江俊和「出版禁止」
  29. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  30. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  31. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  32. 折原一「覆面作家」
  33. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  34. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  35. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  36. 首藤瓜於「脳男」
  37. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  38. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  39. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  40. 原宏一「床下仙人」
  41. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  42. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  43. 木下半太「鈴木ごっこ」
  44. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  45. 遠藤武文「トリック・シアター」
  46. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年6月4日