Nobutake Dogen.com

井上真偽「その可能性はすでに考えた」

すごいの出てた!
面白いと聞いていたものの、講談社ノベルスの時には表紙に惹かれず。
文庫化されてすごくいい表紙になったので悩むことなく購入。
大好きなメフィスト賞出身なんだから好きに決まってた。

一見するとアンチミステリ的な小説ではあるのですが、「アンチ=否定」という感じはなく、すごく真っ当にロジカルなハウダニットもので、アンチミステリの皮をかぶった本格ミステリでした。

青髪でオッドアイで赤いコートを着た探偵。
と、ここまで異様な外見にする必要があったとは思えないが、奇蹟を信じる探偵という異常な内面を持つ探偵にはふさわしい外見なのかもしれない。
ま、その外見が表紙だったおかげでノベルス時にはスルーしてしまったんだけど。

あらすじ

山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。
唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。
首無し聖人伝説の如き事件の真相とは?
探偵・上苙丞(うえおろじょう)はその謎が奇蹟であることを証明しようとする。
論理(ロジック)の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵にミステリ界激賞の話題作。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想

そもそもの設定からして最高すぎる。
不可能状況で起きた過去の事件を「奇蹟」であったことを証明するため、探偵が全ての可能性を否定する、というもの。
そして、その探偵に敵対するのはその事件を「奇蹟」でなかった(かもしれない)可能性を示すため、とても魅力的な解決を提示してくる。
魅力的な解決は時として非現実的すぎるわけだけど、この小説では現実的である必要は全くないため魅力的な解決が魅力的なまま読者に提示される。

ネタバレありの感想

3人の刺客からそれぞれ、凶器消失トリック、死体移動トリック、入れ替わり(アリバイ)トリックという3つのバカミス的と言えるくらいの思い切った解決が出てくる。
バカミス的といえどもとてもロジカルで、非現実的に見えても一応は筋が通ってしまっていて、それに対して主人公の上苙はロジカルにその解決を否定していく。
推理が覆される、新しい快感が楽しい。
特に凶器消失トリックでの、「12」という数字から家畜の数を確定する様は本当に見事。

そして、3つの解決に対して3つの否定が示された所で、黒幕のカヴァリエーレ枢機卿による「3つの否定の矛盾」を指摘されるという心踊る展開。
黒幕のくせにやけにあっさりと負けてしまったのは残念ですが。

続編もすでに出ているようなので早く読みたいです。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 筒井康隆「朝のガスパール」
  5. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  6. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  7. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  8. 竹本健治「涙香迷宮」
  9. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  10. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  11. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  12. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  13. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  14. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  15. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  16. 有栖川有栖「46番目の密室」
  17. 青崎有吾「体育館の殺人」
  18. 下村敦史「生還者」
  19. 木内一裕「デッドボール」
  20. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  21. 森絵都「カラフル」
  22. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  23. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  24. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  25. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  26. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  27. 東野圭吾「放課後」
  28. 長江俊和「出版禁止」
  29. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  30. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  31. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  32. 折原一「覆面作家」
  33. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  34. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  35. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  36. 首藤瓜於「脳男」
  37. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  38. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  39. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  40. 原宏一「床下仙人」
  41. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  42. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  43. 木下半太「鈴木ごっこ」
  44. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  45. 遠藤武文「トリック・シアター」
  46. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年6月3日