Nobutake Dogen.com

佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」

子供が主人公ではあるが、死や暴力がたくさん出てきて不快なものであることは間違いない。
そのうち、人によっては無意味な死や無意味な暴力に見えてしまうだろうもので、拒絶する人が多くいる小説でもあると思う。

ともに、メフィスト賞出身で、理不尽な暴力や異常な性などを描くことで、舞城王太郎と比較されることの多い作者であるが、僕が圧倒的に舞城王太郎の方が好きなのは、舞城王太郎の小説や言葉の根底には愛を感じるからだ。
その点、佐藤友哉はもっと自虐的にそして、俯瞰的に世の中を見ているような気がする。
そのおかげで、今作も純文学としてはリアリティが薄まっていて、残酷な物語なのに感情移入がしやすくなっている。
血と暴力と差別に満ちた1冊だが、読了後には不思議な爽快感すらある。
その違和感こそが佐藤友哉の特徴だし、技量のすごさなんだろう。

あらすじ

過去の呪縛から逃れるため転校した神戸の小学校では、奇妙な遊びが流行っていた。「牛男」と呼ばれる猟奇連続殺人鬼の、次の犯行を予想しようというのだ。単なるお遊びだったはずのゲームは見る間にエスカレートし、子供たちも否応なく当事者となっていく―(表題作)。新世代文学の先鋒が描き出す、容赦ない現実とその未来。
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

短編集ではあるが、一貫したテーマのもと書かれた小説でそれぞれの感想というのはおかしいかもしれないけれど、それでも気になったこと、思ったことをまとめておこう。

大洪水の小さな家

僕と弟と妹以外の全てのものに意味が見出せない「僕」の成長物語。なのか堕落なのか。
妹を探している間の本当に(小説として)意味のないものを強調する『』が読者に何を伝えてくれるのか。意味のないものであるのだから何も意味なんてないんはずなんだけど、そうであれば描写すら必要が無いはず。
僕は作者の発したメッセージ、発してすらいないメッセージを受け取ることができなかった。

子供たち怒る怒る怒る

表題作であるだけでなく、間違いなくこの1冊の中心に位置する物語。
差別や偏見、いじめなどの理不尽な悪意によって苦しめられ、虐げられる子供たちが抗い、苦しむ短編。

リカちゃん人間

救いの無い1冊で、最低最悪ってわけでは無いにしろ救いの無い結末のはずだがどこか爽快感のある結末。
「先生」のような大人の登場だったり、人形から人間になれた主人公だったり、間違いなく、成長物語であるおかげ。

全ての短編がリドルストーリー的に、結末の次がありそうに、未来(肯定的な意味ではなく)を感じさせる終わり方をしている。
それはきっと子供特有の「これから先」の可能性の幅広さを感じさせる。
主人公が死体である「死体と、」ですら、そう感じさせるのは作者の力量のすごさ。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 筒井康隆「朝のガスパール」
  5. 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」
  6. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  7. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  8. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  9. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  10. 竹本健治「涙香迷宮」
  11. 下村敦史「闇に香る嘘」
  12. 中村文則「何もかも憂鬱な夜に」
  13. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  14. 本谷有希子「グ、ア、ム」
  15. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  16. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  17. 深水黎一郎「ミステリー・アリーナ」
  18. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  19. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  20. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  21. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  22. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  23. 法月綸太郎「ノックス・マシン」
  24. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  25. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  26. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  27. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  28. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  29. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  30. 有栖川有栖「46番目の密室」
  31. 青崎有吾「体育館の殺人」
  32. 下村敦史「生還者」
  33. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  34. 東野圭吾「鳥人計画」
  35. 木内一裕「デッドボール」
  36. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  37. 森絵都「カラフル」
  38. 井上荒野「あなたの獣」
  39. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  40. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  41. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  42. 櫛木理宇「死刑にいたる病」
  43. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  44. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  45. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  46. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  47. 西澤保彦「殺す」
  48. 東野圭吾「放課後」
  49. 長江俊和「出版禁止」
  50. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  51. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  52. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  53. 西村京太郎「殺しの双曲線」
  54. 秋吉理香子「暗黒女子」
  55. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  56. 折原一「覆面作家」
  57. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  58. 法月綸太郎「雪密室」
  59. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  60. 瀬尾まいこ「温室デイズ」
  61. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  62. 相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」
  63. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  64. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  65. L・M・モンゴメリ「赤毛のアン」
  66. 首藤瓜於「脳男」
  67. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  68. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  69. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  70. 野中柊「小春日和」
  71. 原宏一「床下仙人」
  72. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  73. 折原一「耳すます部屋」
  74. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  75. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  76. 木下半太「鈴木ごっこ」
  77. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  78. 遠藤武文「トリック・シアター」
  79. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年5月21日