早坂吝「探偵AIのリアル・ディープラーニング」

「○○○○○○○○殺人事件」の早坂吝。 「○○○○○○○○殺人事件」が期待したわりにはいまいちだったので購入悩んだんですけど、VOFAN先生の表紙がとてもよく購入。 とうとう、AIが探偵に。 来てるな未来。 とは言うもの […]

more

太田忠司「僕の殺人」

率直に面白くなかった。 途中までは悪くないなと思えるんだけど、なんだかやけに目滑りしてしまい集中もできない。 それでも、結末はやけに気になって読了。 構成は悪くないというか、好きな方。 「僕の殺人」というタイトルも気が惹 […]

more

悠木シュン「スマート泥棒」

時々訪れる「つまらない小説を読みたい」欲。 そんな中「スマート泥棒」というタイトルとダサい表紙で、悪い意味での期待値の高かった一冊。 これが、いい意味で期待を裏切るものだった。 そこそこ良かった。

more

真実

怒っている。 僕は怒っている。 「真実」がめちゃめちゃよかったんだ。 どうしてこれが、日本で撮影できなかったんだ。

more

HELLO WORLD

観るつもりはなかったんだけど、知り合いからムビチケもらったので観に行くことに。 無料だったせいなのかどうかわからないけど、やけに面白かった。

more

スマホを落としただけなのに @Amazonプライム

原作は読んでいたけど、そんなに取り立てて思うことはないくらいのものだった。 それでも、この映画がちょっと気になっていたのは、酒井ちゃん。 アルコ&ピースの酒井ちゃんが出てるから。

more

小林泰三「アリス殺し」

やった!めちゃめちゃ面白かった! 読んでる間中、「これミステリとして成り立つのか?」と思いながら読んでいました。 賛否あるでしょうけど、僕としてはめちゃめちゃ好物な感じのミステリでした。

more

村崎友「夕暮れ密室」

タイトルに「密室」の文字があったらそりゃ欲しくなる。 そして、青春群像劇の要素もあるようでそりゃ面白そう!となって購入。 密室の作り方はなかなか面白かった。 だが、青春群像劇については、今ひとつ。

more

アイネクライネナハトムジーク

伊坂幸太郎の原作は未読。積ん読です。あいすません。 やっぱりかっこいいな、伊坂幸太郎。 伊坂幸太郎はすぐにかっこつける。

more

降田天「彼女はもどらない」

デビュー作「女王はかえらない」がミステリーとしてはいまいちだったものの、ドラマ部分が素晴らしくよかったので、こちらも読む読む。 作者の降田天(ふるたてん-「ダブル」のアナグラム-)は2人組の作家さんだそうで、どういう役割 […]

more

西本秋「闇は僕らをつないでいる」

まず、表紙。 表紙に書かれているポニーテールの女の子は浅井友花でしかありえないんだけど、彼女三つ編みなんですよね。 このイラスト書いた人は小説読んでないの?あと、この表紙でOK出した編集者も小説読んでないの?

more

WOOD JOB! 神去なあなあ日常 @Amazonプライム

三浦しをんの原作は随分昔に読んでいた。 監督は矢口史靖。 なんというかとても「素直」な映画だった。 「林業」という少し変わったテーマを扱い、それをとても素直に映画化していた。

more