Nobutake Dogen.com

映画「沈黙 -サイレンス-」

これはすごいものを見たのかもしれない。
見た、というよりは経験。
すごい経験をしてしまった。

できれば、映画館で観て欲しい。映画館で観てよかった。
あの感覚は映画館ならではだ。


遠藤周作の「沈黙」が原作ということで期待値は高め。

あらすじ

キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出した。17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。
引用:映画.com

自分だったらどうしただろう。
どうしたってそれを考えさせられる。


スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

僕は「命が何よりも大事」だとはこれっぽっちも思えないし、迫害され、そのあげく殉教することも美しいことだとはちっとも思えない。
信仰というものが本当に尊いものなのか。
それでも彼らが命よりも大事なものを持っている、ということはとても羨ましい。

ユダは銀貨30枚でキリストを裏切った。
その10倍の銀貨300枚でロドリゴを裏切ったキチジローはユダの10倍の罪を背負ってしまったのだろうか。
だとすると、キチジローほど強い人間もいないよね。

ロドリゴがとうとう踏み絵を踏んでしまうシーン。とにかくすごかった。
あのシーンでは、映画館の他の客のみんなが息を止め、身じろぎもせず、すごい静寂が訪れてました。
すごい経験でした。

160分あって、見る前ちょっとうんざりしてたんですが、気を抜く瞬間は全くありませんでした。
すごい映画だった。

ラストシーンは本当によかった。
よかったんだよね。きっと。

2017年 年間ベスト

  1. 沈黙 サイレンス
  2. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
スポンサーリンク

Movie | 2017年1月28日