Nobutake
Dogen.com

映画「白ゆき姫殺人事件」@Amazonプライム

原作読んだ時いまいち面白くないなって思ってたのに、なんで見たんだろう。
映画もやっぱりあんまり面白くなかった。

「ゴールデンスランバー」も「アヒルと鴨コインロッカー」も結構面白かったのに。
中村監督、伊坂はいいけど、湊かなえはだめなのかな。相性かしらん。

あらすじ

「告白」「贖罪」の湊かなえが2012年に発表したサスペンス小説を、井上真央主演で映画化。日の出化粧品の美人社員・三木典子が何者かに惨殺される事件が起こり、典子と同期入社で地味な存在の女性・城野美姫に疑惑の目が向けられる。テレビのワイドショーは美姫の同僚や同級生、故郷の人々や家族を取材し、関係者たちの口からは美姫に関する驚くべき内容の証言が飛び交う。噂が噂を呼び、何が真実なのか多くの関係者たちは翻弄されていき……。過熱報道、ネット炎上、口コミの衝撃といった現代社会が抱える闇を描き出していく。監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」の中村義洋。共演に綾野剛、菜々緒、蓮佛美沙子ら。
引用:映画.com


ネタバレありの感想

無理がある。
城野美姫が地味でいまいちなブス、って感じの役回りなのに井上真央がやってるって、無理がある。
かわいいもん。菜々緒よりかわいいもん。
変な演技しててコミュ障感は出てるけど隠しきれないかわいさがあるもん。
こういうの日本映画のダメなところだ。
ちゃんとブス使えばいいのに。

ストーリーもいまいち、原作がいまいちだったので当たり前なんだけどね。
ミステリーっぽさがあるだけで、ミステリーではなく、報道やSNSで群がる人々の無責任さ・怖さを見せたいんだろうけど、現実世界でもっともっと無責任で恐ろしいことが起こってるせいで映画のインパクトが薄い。
事実は小説より奇なり。

「こういう女性いる」って言わせたい感じがプンプン匂う。臭い。
そりゃいるよ。
世の中にどれだけの人間がどれだけの個性をもった人間がいると思ってるんだ。
いるよ、こんな嫌なやつ。

再現VTRなどを差し込んだせいなのか、自分がもともとテレビを見ないせいなのか、なんとも全体的に現実感も薄くぬるま湯につかってるような2時間。

2018年 年間ベスト

  1. 若おかみは小学生!
  2. カメラを止めるな!
  3. 万引き家族
  4. ルーム
  5. シティ・オブ・ゴッド
  6. 15時17分、パリ行き
  7. リンダ リンダ リンダ
  8. もらとりあむタマ子
  9. LA LA LAND
  10. ワンダー 君は太陽
  11. SING
  12. 恋の渦
  13. ドント・ブリーズ
  14. ベイマックス
  15. このサイテーな世界の終わり(ドラマ)
  16. スワロウテイル
  17. 二郎は鮨の夢を見る
  18. 散り椿
  19. そして父になる
  20. 日本で一番悪い奴ら
  21. 帝一の國
  22. 怒り
  23. 人質の朗読会
  24. 嫌われ松子の一生
  25. 365日のシンプルライフ
  26. みんなのいえ
  27. ラヂオの時間
  28. ダーク・プレイス
  29. パッセンジャーズ
  30. 血まみれスケバンチェーンソー
  31. スターウォーズ 最後のジェダイ
  32. 銀魂
  33. 恋愛戯曲
  34. 白ゆき姫殺人事件
  35. エイプリルフールズ
  36. グッドモーニングショー