Nobutake Dogen.com

Book

折原一「グランドマンション」

叙述トリックの名手として名高い折原一の連作短編集。
さすがに上手。
こういう人が名手、と呼ばれるんだな。
more

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」

伊坂幸太郎が苦手な人がいるのはわかります。クサイもんね。
僕は「オーデュボンの祈り (新潮文庫)」読んだ時にすごい衝撃を受けてしまったんですよ。
で、それ以降は無条件で好き。と思ってしまっています。
more

三島由紀夫「命売ります」

2年ほど前から今更やけに売れてる「命売ります」。
僕もこれ読んだことなかったんですけど、何これ、マジで面白い。
more

降田天「女王はかえらない」

いまいちな事が多い事で有名な「このミステリーがすごい!大賞」の受賞作。
「ミステリー」を広義に解釈しすぎなのではないかな、と思う。正しい解釈という事にもなるけど。
more

三家本礼「血まみれスケバンチェーンソー」

ようやく最終巻読んだ。
やっぱり最高だ。最高にかっこいい。最高にしびれる。

more

長谷川夕「僕は君を殺せない」

全然「驚愕のラスト!」でも「二度読み必至」でもない。
悪くないんだけど、期待はずれではある。
more

湊かなえ「母性」

不安になる。
僕がうがった読み方をしすぎているのかもしれないが、小説の根底を覆しかねない1冊。
more

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」

誕生日プレゼントでもらった1冊。
プレゼントで本をもらえるってすごい好き。
ありがとう。

more

舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」

太宰治、辻村深月と並んで大好きな作家の一人、舞城王太郎。
下品で暴力的で理不尽な作家。
そんな舞城王太郎の「恋愛小説」。
面白いわけがないし、面白くないわけがない。

more

伊坂幸太郎「残り全部バケーション」

心地よいリズム感。
魅力的な悪役。
軽妙な語り口。
綺麗な伏線回収。
と、非常に伊坂幸太郎らしい作品。

more