Nobutake Dogen.com

Book

長谷川夕「僕は君を殺せない」

全然「驚愕のラスト!」でも「二度読み必至」でもない。
悪くないんだけど、期待はずれではある。
more

湊かなえ「母性」

不安になる。
僕がうがった読み方をしすぎているのかもしれないが、小説の根底を覆しかねない1冊。
more

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」

誕生日プレゼントでもらった1冊。
プレゼントで本をもらえるってすごい好き。
ありがとう。

more

舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる。」

太宰治、辻村深月と並んで大好きな作家の一人、舞城王太郎。
下品で暴力的で理不尽な作家。
そんな舞城王太郎の「恋愛小説」。
面白いわけがないし、面白くないわけがない。

more

伊坂幸太郎「残り全部バケーション」

心地よいリズム感。
魅力的な悪役。
軽妙な語り口。
綺麗な伏線回収。
と、非常に伊坂幸太郎らしい作品。

more

太宰治「人間失格」

あまりにも有名で、あまりにも名作。
読む時の自分の精神状態によって受け取りかたがいろいろ変化してしまう、不思議な小説。
more

辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」

他の講談社の辻村深月作品とはきっと世界線の違う1冊。
いつものように単純にミステリーとは言えないけど、それでもホワイダニットものとしていつもよりはミステリーしてる。
more

湊かなえ「境遇」

安心して読めるものが読みたくて、信頼の湊かなえ。
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)」を超える事はなかなか無いんでしょうけど、それでもどれも安定して面白いですよね。
more

ジェフリー アーチャー「百万ドルをとり返せ!」

コン・ゲームの名作と名高い本作。
ようやく読みました。
痛快痛快。
more

西澤保彦「殺意の集う夜」

七回死んだ男 (講談社文庫)」が代表作になるんでしょうね、西澤保彦の本作。あらすじからして最高に楽しそう。
で、読んでみたらこれ、すごい好き。「7回死んだ男」より好きです、僕。
more