Nobutake Dogen.com

深水黎一郎「五声のリチェルカーレ」

なんだこれ、面白い!
すごいぞ深水黎一郎!

あらすじ

昆虫好きの、おとなしい少年による殺人。その少年は、なぜか動機だけは黙して語らない。家裁調査官の森本が接見から得たのは「生きていたから殺した」という謎の言葉だった。無差別殺人の告白なのか、それとも―。少年の回想と森本の調査に秘められた“真相”は、最後まで誰にも見破れない。技巧を尽くした表題作に、短編「シンリガクの実験」を併録した、文庫オリジナル作品。
引用:Amazon

感想(ネタバレあり)

やられた!
騙された!
気持ち良い!!
深水黎一郎は「最後のトリック (河出文庫)」しか読んでなくて、「嫌いじゃないけど、さすがに・・・」って感じで、そこまでハマってなかったんですけど、一気に評価変わりました。
お上手。お見事。

冒頭から、犯人の少年はすでに逮捕されており、家裁調査員の森本とのやりとりを中心に回想シーンを挟むことによって段々と真実が見えてくる構成によって、叙述トリックものだろう、というのは簡単に想像がつきます。

そんな中、
「誰が」殺したのか。
「誰を」殺したのか。
「何故」殺したのか。
読者はどこに集中していいかわからないまま読み進めていくことになってしまい、下手な作家の場合、こんな風に「見えづらい」小説は「読みづらく」感じてしまって、楽しめないことが多いと思うんだけど作者の力量なんでしょうけど、サクサク読めて、とても読みやすい。
かと言って軽いわけでもなく、ちゃんと緊張感があって、どんどん物語にのめり込んでいきます。

僕は「誰が」に関しては完全に「昌晴」だと勘違いさせられてて、なので「誰を」と「何故」が鍵の小説なんだろうな、と思って読み進めてました。

Book | 2017年7月25日