Nobutake Dogen.com

野村美月「”文学少女”と死にたがりの道化」

太宰治の「人間失格」をモチーフにしたラノベ。
この試み、ラノベとして素晴らしいですよね。
ぜひ、「人間失格」も読んでほしいです。

あらすじ

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって……。野村美月・新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ、シリーズ第1弾!
引用:Amazon

感想

天野遠子は物語を食べる妖怪。
そして、人間が食べる食べものに味を感じることができない。
それはきっととても悲しい設定なんだけど、そのおかげで遠子先輩の勧める本はどれも面白そうで美味しそう。
物語を味覚で表現するのいいですね。わかりやすいし、読んだことある本だと「わかる!」となると思いますよ。

なかなか文学トークって周りの友達とできないじゃないですか。
でも、この本では遠子先輩と文学トークさせてもらえます。
一方的に遠子先輩のオススメを聞くだけにはなりますが。

あえて作者ではなく遠子先輩とさせていただきますが、遠子先輩の読み方すごく好きなんですよ。
そうなの、太宰治ってチャーミングなの。
確かに鬱々とした物語ではあるんだけど、どこかチャーミングで喜劇的で、太宰治の人間性がすごく出てると思うんですよね。
ただの陰鬱としたイケメンだったとしたらあんなにモテるわけないもん。
きっとどこか楽しい・可愛い人だったんだよな。って思います。

この作品、ミステリーとしては情報が足りてない感じもするし、正直一人語りとか恥ずかしいですが、これも青春だ。
これこそ青春だ。

あんまりラノベ読んでないですし、ラノベってジャンルで括っていくのもいろいろ難しい問題ありますが、ラノベではダントツで一番好きなシリーズだし、遠子先輩は理想の女性像です。

Book | 2017年6月20日