Nobutake Dogen.com

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」

伊坂幸太郎が苦手な人がいるのはわかります。クサイもんね。
僕は「オーデュボンの祈り」読んだ時にすごい衝撃を受けてしまったんですよ。
で、それ以降は無条件で好き。と思ってしまっています。

あらすじ

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。
引用:Amazon

収録

・首折り男の周辺
・濡れ衣の話
・僕の船
・人間らしく
・月曜日から逃げろ
・相談役の話
・合コンの話

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

全7編の短編集になります。
正直な感想としては、伊坂さんの中では一番好きじゃない1冊ですね。
そもそも、伊坂さんの良さって無駄話感だと思うんです。
そしてそれが活かされるのって長編かな、と思ってまして、伊坂さんの短編集(連作短編集含む)はどれもそんなに好きじゃないんです。

この1冊は、
それぞれ別々の短編として発表されたものが、なんとなく繋がっているように見えたので1冊にまとめてみました。
というものなので、それぞれのつながりも薄く、中途半端なイメージ。
もっとまるっきり別の話、別世界の話の寄せ集めであればもうちょっと違うイメージになったと思います。

とは言うものの、「合コンの話」はすごい好きです。

もしまだ伊坂さんを読んだことないのであれば「オーデュボンの祈り」か「ゴールデンスランバー」を読んでほしいです。
僕も再読しよう。そうしよう。

スポンサーリンク

Book | 2017年5月31日