Nobutake Dogen.com

湊かなえ「母性」

不安になる。
僕がうがった読み方をしすぎているのかもしれないが、小説の根底を覆しかねない1冊。

小説を読んでいて、基本的に地の文を疑うことは無いんですよ。
そんな今までの読み方に対して不安になる。
もしかしたら、書いてあること全部嘘なんじゃないか。
フィクション・ノンフィクションという話ではなくて。
意図的じゃないにしても、嘘なんじゃないか。

あらすじ

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。
引用:Amazon

感想(ネタバレあり)

他の方の感想をいくつか読んでみると、ほとんどの方が
ルミ子の視点である「母の手記」は歪められた記憶で、
清佳の視点である「娘の回想」が真実であると捉えていました。
あらすじにも「浮かび上がる真相」と書かれているので、「娘の回想」が真実ということでいいんでしょうけど、ルミ子の記憶の歪め方も理解できてしまうし、自分にも思い当たる節がある。
自分の中の記憶の改ざんもそうですが、自分も他人から言われたショックな記憶なんかもその本人は全く覚えていなかったり。そんなことは思い当たる節は誰でもあるかと思うんですね。

そう思うと「娘の回想」もどこかしら歪められた部分があるのでは無いかと疑ってしまう。
僕なんかは「忘れたい記憶」ほどよく覚えているものなので、この物語も良く無い部分だけど紡いでいったものが「真相」なのではないかな、と、思えてしまって。
そうすると、救われないな。
なんとも辛い話。

宗教出てきて、俄然面白くなってきた!と思ったら存外早く退場してしまって、そこは残念。
インチキ宗教楽しい。

全体的にやっぱり読みやすくて好きなんだけど、どうしたって「告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)」は超えられないのかな。

Book | 2017年4月13日