Nobutake Dogen.com

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」

誕生日プレゼントでもらった1冊。
プレゼントで本をもらえるってすごい好き。
ありがとう。

  • 石榴
  • 押絵と旅する男
  • 陰獣
  • 目羅博士
  • 人でなしの恋
  • 白昼夢
  • 踊る一寸法師

全7編の短編集。
この中では、「陰獣」と「踊る一寸法師」は読んだことあったんですけど、他は未読。

あらすじ

見るも無残に顔を潰された死体、変転する事件像(『石榴』)。絶世の美女に心を奪われた兄の想像を絶する“運命”(『押絵と旅する男』)。謎に満ちた探偵作家・大江春泥に脅迫される実業家夫人、彼女を恋する私は春泥の影を追跡する――後世に語り継がれるミステリ『陰獣』。他に『目羅博士』『人でなしの恋』『白昼夢』『踊る一寸法師』を収録。大乱歩の魔力を存分に味わえる全7編。
引用:Amazon

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

石榴

1編目の探偵小説。
これが本当にすごかった。

ミステリマニアの刑事が、旅先で出会った同じくミステリマニアの猪俣に、自分が担当した「硫酸殺人事件」の顛末を語って聞かせるという話中話。

硫酸を顔にかけられ、はぜた石榴のような屍体を発見した刑事は・・・
というようなストーリーで「探偵小説で顔なし屍体が出てきたら入れ替わりを疑え」という至言もあるので、ストーリー展開としては、ベタといえばベタ。
それでも、江戸川乱歩の表現力のすごさですよ。おどろおどろしくて、幻想的な雰囲気。
たまんない。

押絵と旅する男

2編目。
「石榴」とは変わって、幻想小説ですが、これも話中話形式。

とにかく、最初から最後まで幻想的。
幻想的と言っても、ファンタジーの世界ではなく、枠組みはあくまでも現実世界。
そんな中で「ありえない」ことを受け入れられるようになってしまう、登場人物2人と、読者。
その構成力のすごさ。
自分の居場所も少し不安になってしまった。

他の短編ももちろん上手だし、驚愕だし、何より楽しい。
乱歩ってすげえな。
天才かよ。
アップクチキリキアッパッパァかよ。

スポンサーリンク

Book | 2017年4月11日