Nobutake Dogen.com

伊坂幸太郎「残り全部バケーション」

心地よいリズム感。
魅力的な悪役。
軽妙な語り口。
綺麗な伏線回収。
と、非常に伊坂幸太郎らしい作品。

あらすじ

当たり屋、強請りはお手のもの。あくどい仕事で生計を立てる岡田と溝口。ある日、岡田が先輩の溝口に足を洗いたいと打ち明けたところ、条件として“適当な携帯番号の相手と友達になること”を提示される。デタラメな番号で繋がった相手は離婚寸前の男。かくして岡田は解散間際の一家と共にドライブをすることに―。その出会いは偶然か、必然か。裏切りと友情で結ばれる裏稼業コンビの物語。
引用:Amazon

伊坂幸太郎はいつも、あらすじが最高。
もちろん個人の好みもありますが、とても惹きつける設定と引き込ませる書き出し。
“面白そうな”物語を書けるって素晴らしい才能だ。

感想

伊坂幸太郎の小説の語り口はいつもとても軽くて、気障ったらしい。
この文体を良しとするか悪しとするかはあくまで個人の好みでしょうが、僕は伊坂幸太郎の文体すごく好きです。

そして、この語り口によって不自然な箇所や散りばめられたヒントを隠していて、それが最後の謎解きのときに驚きを与えてくれてると思うんですよ。
だから伊坂幸太郎を読むときは素直に文体を楽しんで、キャラクターを愛して、どんでん返しにも油断しながら読むのがいいと思います。
それが一番伊坂幸太郎の世界を楽しめるはず。

感想(ネタバレあり)

時系列がバラバラな5つの短編。
きっと時系列順で読むとここまで楽しめないんじゃないかな。
そして、時系列のヒントの出し方が見事。PHSとかスマートフォンとか。

あくまで連作短編なので、一個づつの感想を言うのはやめておきますが、それでも一個だけ。
主人公である、溝口と岡田が、偶然出会った虐待を受ける子どものために、壮大で一見バカみたいな作戦をたてる「タキオン作戦」が最高に楽しい。
こういうの大好き。

ラストのメールは「早坂早希」なのか「岡田」なのか、それとも全く別の誰かなのか、答えは結局書かれてないんだけど、この物語にはハッピーエンドが似合う。というかハッピーエンドしか似合わない。
であれば、あのメールは「岡田」からなんじゃないか、と思います。

Book | 2017年3月27日