Nobutake Dogen.com

太宰治「人間失格」

あまりにも有名で、あまりにも名作。
読む時の自分の精神状態によって受け取りかたがいろいろ変化してしまう、不思議な小説。

あらすじ

「恥の多い生涯を送って来ました。自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです」青森の大地主の息子であり、廃人同様のモルヒネ中毒患者だった大庭葉蔵の手記を借りて、自己の生涯を壮絶な作品に昇華させた太宰文学の代表作品。
引用:Amazon

感想(ネタバレあり)

構成が本当に見事。

私は、その男の写真を三葉、見たことがある。

この三葉(3枚)の写真というのが
・幼年時代
・高等学校時代
・としの頃がわからない。頭はいくぶん白髪のようである。
の頃の写真で、それぞれ「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」それぞれを象徴しています。
この写真の説明もすごいゾクゾクきて、引き込まれる。

精神状態がすごくいい時に「人間失格」をよむと喜劇のように感じられて面白い。
精神状態があまりよくない時によむと、葉蔵をやけに身近に感じて「自分みたいな人間は他にもいるんだ。」と感じられたり、「自分は葉蔵よりはまだまだ、まともだ。」と思えたり。
どちらにしても、救われるんですよ。
物語としては救いがないんですけど。
僕は救われる。不思議なものだ。

確かに読んですごく落ち込むこともあるんだけど、それでもやっぱり「すごい小説を読んだ」という感覚は読書好きとしては、プラスに働くし、僕にとってはどうあっても、「いい」小説。

とは言え、ダメージは受けるんですけど。

もちろん、いろいろな出版社から、いろいろな表紙で出てます。
圧倒的に、新潮文庫の表紙(デスノートじゃないやつ)が好きなんですけど、アマゾンで出てこない?
そんな馬鹿な。

とにかく、最高。
これから先の人生でも、何度も読むことになるんでしょうね。
玉川上水に行かない限り。

Book | 2017年3月18日