Nobutake Dogen.com

辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」

他の講談社の辻村深月作品とはきっと世界線の違う1冊。
いつものように単純にミステリーとは言えないけど、それでもホワイダニットものとしていつもよりはミステリーしてる。

あらすじ

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。
引用:Amazon

このあらすじの「全ての娘は救われる。」というのを読み終わった時にどう思うか。色々な人に聞いてみたい。

感想

うまい。構成うまい。
うまいと言っても、すごくベタな構成なんだけど。

1章は主人公の1人である「みずほ」が母親を殺した「チエミ」を探すために、昔の友人や恩師などを尋ねて回りながら、地方と都市の格差、女性同士の友情と確執、母と娘の不健全な関係なんかを描きながら「みずほ」が「チエミ」を探しているのがただ「親友」だから、だけじゃないとわかってくる。

ここら辺の描写が男の僕にはちょっと読んでいて、辛い。
女性同士ってこんな感じなの?
そこまで深い友達同士じゃなくてもこんなに本音でぶつかり合うの。
正直ちょっとうらやましい。

2章は「チエミ」からの視点でいわゆる謎解きの章。
「チエミ」が何故母親を殺したのか。何故逃げているのか。

ありがちな構成なんだけど、そこをすごくうまく使ってる。
そして、タイトルのつけ方見事だ。
タイトルを「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」にしたことによってこの物語が救済の物語になったんだと思う。

やっぱり辻村深月大好きだな。

Book | 2017年3月11日