Nobutake Dogen.com

湊かなえ「境遇」

安心して読めるものが読みたくて、信頼の湊かなえ。
「告白」を超える事はなかなか無いんでしょうけど、それでもどれも安定して面白いですよね。

ドラマの原作として書かされた作品だそうで、

あらすじ

デビュー作の絵本『あおぞらリボン』がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は親友同士。
共に幼いころ親に捨てられ児童養護施設で育った過去を持つ。
ある日、「真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。
「真実」とは一体何なのか。そして犯人は……。巻末に絵本『あおぞらリボン』(文・みなとかなえ 絵・すやまゆうか)を収録。
引用:Amazon


スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

ミステリーじゃないです。
人間ドラマです。

ミステリー寄りにするのであれば、過去の事件をもっと最初から匂わせるべきなんだろうけど、人間ドラマが主軸なので前半は陽子と晴美の人間性や関係を描く事に集中していて、こういう割り切り方うまいな。

晴美が青いリボンを切って陽子の手首に結ぶシーンがすごく良くて、こういう優しさに比重を置いた作品も読んで見たくなりました。
テレビを意識してなのか、リボンの色の描写もしっかりとされていていいアクセントでした。

単発のテレビドラマという枠組みのせいもあるんでしょうけど、湊かなえにしてはやけに大人しい印象。
「告白」のような強烈さを求めると少々物足りないですが、やっぱり安心して読める作家の一人。

スポンサーリンク

Book | 2017年3月7日