Nobutake Dogen.com

辻村深月「光待つ場所へ」

またもやスピンオフ的短編集。
長編はいいのに短編はイマイチな作家さん、短編はいいのに長編はイマイチな作家さん、ってたまにいますよね。
長編と短編で小説の書き方って変わるんでしょうね。興味深い。
辻村深月も長編の方がいいと思うんだけど、スピンオフ的なこともあって、短編というよりは長編作品の1エピソードのような捉え方もできてとてもいい。

それでもスピンオフということで「冷たい校舎の時は止まる」「スロウハイツの神様」「ぼくのメジャースプーン」「名前探しの放課後」「凍りのくじら」あたりを読んでいるとより楽しめるかもしれないし、読んでなくても充分楽しめるかもしれない。
「ロードムービー」はスピンオフ感強かったけど、こっちは独立した短編としても充分に魅力的です。

あらすじ

大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまでは(「しあわせのこみち」)。
文庫書下ろし一編を含む扉の開く瞬間を描いた、五編の短編集。
引用:Amazon


スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

どれもいいんですけど、「しあわせのこみち」と「樹氷の街」が好きです。
「樹氷の街」に関してはふみちゃんが出てるってことだけで、もう好きなのかもしれないけど。

しあわせのこみち

絵が好きで、それなりの自信もあって、それでも絵の道で生きて行く覚悟を持てず、芸術学部のないT大へ進学した「冷たい校舎の時は止まる」の清水あやめが主人公。

清水あやめが素晴らしいのは同年代の人間が作った素晴らしい作品に対してちゃんと衝撃を受けることができるし、ちゃんと悔しがれるところ。

芸術とはなんぞや、みたいな話がすごい好きなんですよ、僕。
芸術のあり方、芸術家のあり方をすごくよく表してる1編だと思うよ、僕。

樹氷の街

大好きなふみちゃんも出てきますが、メインは「名前探しの放課後」の天木と倉田梢というイタい女の子がメイン。
あと「凍りのくじら」の松永くんも大活躍です。多恵さんも大活躍。
多恵さん、やっぱりいいなぁ。辻村深月作品の中で一番癒されるキャラだと思う。

天木の葛藤する内面も見れて、「かわいいところあんじゃん」って思えて、「名前探しの放課後」だけ読んだときより彼のこと好きになれる。

倉田梢も最初は嫌なやつ、と思ってしまうんだけど、見事に成長してかわいくなって、この子の次の話を読みたい。
この子のこれからを知りたい。
ないのかな、どっかに出てないのかな。

スポンサーリンク

Book | 2017年2月1日