Nobutake Dogen.com

辻村深月「ロードムービー」

「冷たい校舎の時は止まる」のスピンオフ的な短編集。
なので「冷たい校舎の時は止まる」を読んでからにしましょう。そうしましょう。

あらすじ

運動神経抜群で学校の人気者のトシと気弱で友達の少ないワタル。小学五年生の彼らはある日、家出を決意する。きっかけは新学期。組替えで親しくなった二人がクラスから孤立し始めたことだった。「大丈夫、きっとうまくいく」(「ロードムービー」)。いつか見たあの校舎へ、懐かしさを刺激する表題作他、4編。
引用:Amazon


スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

1編ごとに思ったことを。

街灯

単行本に未収録の書き下ろしだそうで、「冷たい校舎の時は止まる」のスピンオフですよ。という、宣言のような。
期待煽られますよ。

ロードムービー

実はトシは女の子だったというオチまでの見せ方はさすが。
読んでいると自然に、ちゃんと違和感をもたせてくれるんですよね。

裕二と景子ができちゃった結婚というのは少し意外な感じですが、なんかそういうのも嬉しい。
そして、何より鷹野のかっこよさ。このかっこよさも「雪の降る道」があってこそなんだな、と。

小学生2人の逃避行に「ロードムービー」というタイトルをつけたの、すごい素敵。

道の先

やったね、充。
充は相変わらず梨香に想いを寄せているようで、それがいいことなのか、悪いことなのかは、それこそ本人にしかわからないことだろうけど、「冷たい校舎の時は止まる」というタイトルをつけていたことを考えると作者は「時は動く」方が自然なことだと思っているんじゃないかな、と。
そうであれば、充はまた別の人を見るべきなんじゃないだろうか。
小説としては次の「トーキョー語り」のための前フリなんじゃないか、って感じで単品としてはそこまで印象的ではないです。

トーキョー語り

遠山さんが「道の先」の千晶だったというところがすごくいい。
充がずうっと梨香のことを想っているように、遠山千晶はずうっと充のことを想っている。
それがなんかすごくいい。
遠山千晶にとって携帯電話がなにより大事なのはもちろん「道の先」で充に言われた

「これから先、俺はずっとその番号を変えない。つらくなったら、だからいつでもかけてきていい」

という言葉のおかげ、というかせいというか。
少なくとも遠山千晶にとって充のこの言葉がどれだけ救いになっているか。
いつか、充とうまくいって欲しい。充のためにも。

雪の降る道

わかりやすすぎますが、ヒロは鷹野のことで、みーちゃんは辻村深月のことで、菅原の兄ちゃんは榊先生のこと。
と、キャラクターはすごくわかりやすくバラしてくれます。
その代わりなのか、短編として「冷たい校舎の時は止まる」との繋がりとか無視して、個別の作品としてはこれが一番いいと思いますよ。

「ぼくのメジャースプーン」も好きだし、僕が子どもものに弱いだけかもしれないけど。

スポンサーリンク

Book | 2017年1月24日