Nobutake Dogen.com

辻村深月「ぼくのメジャースプーン」

何度目だろう。
やっぱり大好きだ、「ぼくのメジャースプーン」

世の中にはたくさん本が出ていて、その中にはまだ僕が出会っていない名作がたくさんあるんですよ。
そしたら再読なんてしている場合じゃないのかもしれませんが、それでも何度も読んでしまう本が何冊かあって、その内の一冊がこれ。

あらすじ

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった――。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に1度だけ。これはぼくの闘いだ。
引用:Amazon

主人公の「ぼく」は小学4年生。
大人の悪戯(と呼ぶには残酷すぎますが)によって、幼馴染の「ふみちゃん」が可愛がっていたウサギたちが殺され、それから「ふみちゃん」はしゃべらなくなってしまった。
そして「ぼく」は犯人に復讐を決意する。

スポンサーリンク

感想

物語のほとんどは「子どもたちは夜と遊ぶ」にも登場した大学教授の秋山先生と小学4年生の「ぼく」のカウンセリングの様子です。

犯人に対して、何を望むのか。
重い罰なのか。
心からの反省なのか。

死刑制度問題なんかと地続きの話です。
罪とは何か、罰とは何か。僕たちはもっと深く考えなければいけないのかもしれない。

結末が本当に素晴らしい。
読んでる間はずうっとヒリヒリしていて、読んでいて辛い小説なんですけど、最後に救われます。
失われた命はもちろん戻ってくることはないです。
それなのに、この結末で救われてしまうのは、僕がやっぱり「他人」だったり「自分ではないもの」に対して薄情だっていう証拠になってしまうんだけど、それでも最高の結末です。

よかった。って心から思える。

最高のジュブナイル小説です。

片渕須直監督でアニメ化してほしいです。
映画だと尺足りないからOVA化がいいな。

スポンサーリンク

Book | 2017年1月11日