Nobutake Dogen.com

麻耶雄嵩「貴族探偵」

麻耶雄嵩の連作短編集。
やけに評判がいいのが3編目の「こうもり」ですが、確かにこれはすごい。

あらすじ

自称「貴族」で趣味は「探偵」という謎の男が、コネと召使いを駆使して事件を解決! 斬新かつ精緻なトリックと過去に例のない強烈なキャラクターが融合した、奇跡の本格ミステリ集。(解説/千街晶之)
引用:Amazon

と、タイトルや設定だけ聞くと筒井康隆の「富豪刑事」を思い出しますが、当然全く関係ないです。
もちろん「富豪刑事」も楽しい一冊なんでぜひそちらも読んでほしい。


スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

麻耶雄嵩、初めて読んだんですけどいいですね。
「ウィーンの森の物語」
「トリッチ・トラッチ・ポルカ」
「こうもり」
「加速度円舞曲」
「春の声」
の5編が入った連絡短編集なんですけど、それぞれ表情が全然違ってミステリの教科書的、というにはひねくれすぎてはいますが。
アリバイものあり、見取り図あり、首切りあり、鍵と糸のトリックありと本当に贅沢。

「どうしてこの私が推理などという面倒なことをしなければならないんだ。雑事は使用人に任せておけばいいんだよ」
引用:麻耶雄嵩「貴族探偵」

と、貴族探偵自身は、捜査はもちろん推理もせず、メイドや執事、運転手が事件を解決している。
推理をしない探偵というキャラクターは一見ふざけてるし、落ち着いて考えてもふざけてる。
そんな風に油断させられると、見事な展開ですごい力量だなと感心させられます。

「こうもり」はもちろん評判通りすごくいいミステリですが、個人的には「春の声」が読んでて、読み終わってとても気持ち良かったです。

スポンサーリンク

Book | 2017年1月5日