Nobutake Dogen.com

詠坂雄二「電氣人間の虞」

最高だった。
ホラーなのかミステリなのか判断がつかないまま進んでいく物語、結局どっちだったのかはなんとも言いづらいが、傑作であることは間違いない。
都市伝説とか怪異が好きなら絶対に読むべき。
最高に良き。

僕も妖怪とか都市伝説とか怪異とかそういうの好きなんで、軽いムー民なんでたまらない。
本当に最高だった。
詠坂雄二まだこの1作しか読んでいないけど、一気にファンになってしまった。

あらすじ

「電気人間って知ってる?」一部の地域で根強く語られている奇怪な都市伝説。真相に近付く者は次々に死んでいく。語ると現れ、人の思考を読むという電気人間は存在する!? ライターの柵馬朋康(さくまともやす)もまた謎の解明に乗り出すが、複数の仮説を拒絶する怪異は、彼を出口の見えない困惑の迷宮に誘(いざな)う――。ミステリか、ホラーか。ジャンルの枠を軽妙に超越する鮮烈の問題作!
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

23章の最後の1行を読んだ時に「うわっ!」って声を出してしまった。
そして、解決編である24章の最後の2行を読んだときにも「うはっ!」って声を出してしまった。

作者の詠坂雄二が探偵役として活躍し、竹峰犯人説で一応の解決を見せるものの、真相は全くの的外れ。
それなりに、筋が通った推理のようだが、読者の視点からでは(登場人物としての)詠坂雄二の推理も穴だらけ。
特に、赤鳥が全裸だったことからの死んだタイミングなんかは全くの的外れ。
そして、韮澤の存在が電気人間が実在するのでは?という雰囲気を最後まで緊張感持って維持していて、見事。

しかし、詠坂雄二は「仮にこれが俺の小説ならラストは電気人間実在で落としますよ。」と、メタ的に推理を当てているのもとても皮肉が効いているし、読者に対する大きなヒントとなっている。

・語ると現れる。
・人の思考を読む。
・導体を流れ抜ける。
・旧軍により作られた。
・電気で人を殺す。

教授はこの5つの伝承を「存在の吟味を回避する」うまいやり方と述べていましたが、「存在の確認する」うまいやり方にもなっているのが本当に見事。
ここまでくると哲学的ではあるので、ミステリーとしてアンフェアと捉えてしまう人もいるのもわかるけど。

本書は、三人称視点のように見えて一人称視点だった。という割と多く使われる叙述トリックではある。
それでも、「語ると現れる」というルール通り24章全てが「電気人間」という言葉が発せられたところから始まっており、読者は24回仕掛けに気付くタイミングがあったはずだ。
赤鳥と日積が殺された瞬間に、文章がカットアウトされているのは、電気人間を語る存在がその場にいなくなったせい、ということを表している点も不気味な雰囲気をうまく演出しつつ、電気人間の存在のアピールにもなっていて見事。
そして、一番うまいのが、「人の思考を読む」のルール。
これにより、普通の一人称視点では書けない、登場人物の思想を描写することができ、一人称という真相にたどり着くのが困難になっている。

確かに「何でもありじゃん」と言えることもできるけど、その分しっかりとルール説明はされていたし、アンフェアということはないでしょう。

ミステリとしての大仕掛けも派手で最高に面白いし、怪異ものとして雰囲気なんかもすごくあるし、いきなりすぎてくだらない大オチにもやれちゃったし、本当に面白かった。
最高最高最高。

2018年 年間ベスト

  1. 詠坂雄二「電氣人間の虞」
  2. 西加奈子「ふる」
  3. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  4. 西加奈子「漁港の肉子ちゃん」
  5. 中村文則「遮光」
  6. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  7. 筒井康隆「朝のガスパール」
  8. 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」
  9. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  10. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  11. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  12. 江國香織「流しのしたの骨」
  13. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  14. 竹本健治「涙香迷宮」
  15. 下村敦史「闇に香る嘘」
  16. 中村文則「何もかも憂鬱な夜に」
  17. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  18. 本谷有希子「グ、ア、ム」
  19. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  20. 豊島ミホ「初恋素描帖」
  21. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  22. 野村美月「晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と」
  23. 深水黎一郎「ミステリー・アリーナ」
  24. 村田沙耶香「コンビニ人間」
  25. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  26. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  27. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  28. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  29. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  30. 竹宮ゆゆこ「おまえのすべてが燃え上がる」
  31. 法月綸太郎「ノックス・マシン」
  32. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  33. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  34. 青山七恵「魔法使いクラブ」
  35. クレア・ノース「ハリー・オーガスト、15回目の人生」
  36. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  37. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  38. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  39. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  40. 有栖川有栖「46番目の密室」
  41. 岸田るり子「出口のない部屋」
  42. 青崎有吾「体育館の殺人」
  43. 下村敦史「生還者」
  44. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  45. 早見和馬「イノセント・デイズ」
  46. 東野圭吾「鳥人計画」
  47. 木内一裕「デッドボール」
  48. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  49. 山口雅也「PLAY プレイ」
  50. 森絵都「カラフル」
  51. 井上荒野「あなたの獣」
  52. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  53. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  54. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  55. 辻村深月「水底フェスタ」
  56. 櫛木理宇「死刑にいたる病」
  57. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  58. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  59. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  60. 連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」
  61. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  62. 筒井康隆「虚人たち」
  63. 西澤保彦「殺す」
  64. 東野圭吾「放課後」
  65. 長江俊和「出版禁止」
  66. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  67. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  68. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  69. 西村京太郎「殺しの双曲線」
  70. 中町信「暗闇の殺意」
  71. 秋吉理香子「暗黒女子」
  72. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  73. 折原一「覆面作家」
  74. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  75. 豊島ミホ「陽の子雨の子」
  76. 法月綸太郎「雪密室」
  77. 芦沢央「悪いものが、来ませんように」
  78. 恒川光太郎「夜市」
  79. 河野裕「最良の嘘の最後のひと言」
  80. 円城塔「オブ・ザ・ベースボール」
  81. 山本甲士「ひなた弁当」
  82. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  83. 瀬尾まいこ「温室デイズ」
  84. 瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」
  85. 歌野晶午「女王様と私」
  86. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  87. 井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」
  88. 首藤瓜於「刑事の墓場」
  89. 相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」
  90. 大島真寿美「ふじこさん」
  91. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  92. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  93. L・M・モンゴメリ「赤毛のアン」
  94. 首藤瓜於「脳男」
  95. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  96. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  97. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  98. 湊かなえ「豆の上で眠る」
  99. 野中柊「小春日和」
  100. 新藤卓広「秘密結社にご注意を」
  101. 原宏一「床下仙人」
  102. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  103. 田中慎弥「田中慎弥の掌劇場」
  104. 折原一「耳すます部屋」
  105. 竹内雄紀「悠木まどかは神かもしれない」
  106. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  107. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  108. 木下半太「鈴木ごっこ」
  109. 香月日輪「桜大の不思議の森」
  110. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  111. 遠藤武文「トリック・シアター」
  112. 松田道弘「トリックのある部屋―私のミステリ案内」
  113. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
  114. 川村元気「世界から猫が消えたなら」
  115. 村田治「名探偵は推理しない」
スポンサーリンク

Book | 2018年9月3日