Nobutake
Dogen.com

辻村深月「盲目的な恋と友情」

読了してまずタイトルが素晴らしい、と思った。
「盲目的な恋と友情」
これしかないってタイトルだ。

僕、辻村深月大好きすぎるくらい大好きで、それは中二病感だったり、藤子F不二雄的SF(少し不思議)感だったり、ミステリー感だったりと、色々な要素があるんだけど、句読点の使い方も好きだ。と今作で気づいた。

辻村深月の中でもかなり重く、辛い作品。
もちろんそれでも読んでよかった。最高だ。

あらすじ

一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。恋にからめとられる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への―。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書き下し長編。
引用:Amazon


ネタバレありの感想

読んでいる間、これまでに無い息苦しさを感じ、辻村深月の作品としては少し読み進むのが遅くなった。
「恋」と「友情」の2章で構成されているんだけど、「恋」の章では蘭花の視点で、「友情」の章では留理絵の視点で物語は進む。
2人の見ている世界というか、小説に書かれていること(象徴的な出来事・保存しておきたい記憶)と、書かれていないこと(とるに足らない出来事・都合よく記憶から消している出来事)の差が気持ち悪い。

「恋」の章は誤解を恐れずに言ってしまうと、普通。
容姿にも、家庭にも、友人たちにも恵まれた蘭花の茂実に対する盲目的な恋
数々の障害や、冷静に考えれば別れた方がいい状態にまでなっているのに、恋をしているという快楽に勝てない女性の物語。

友情

本編はこちら。
描いているのが、結局、茂実とのあれやこれやに振り回される蘭花に対する留理絵の盲目的な友情のため勘違いしてしまいそうだが、本編はこちら。

留理絵の家庭は壊れていて、はっきりとした描写は無いけど、留理絵の父親は姉を抱いていて、それを母親も気づいているのに、生活のためか、何のためか家族を続けている。
そして、父親に選ばれた姉を羨ましく思ってしまっている。
そうすると、美波の発した「留理絵ちゃんは、いい家の子っぽいよね」のなんと残酷なことか。
きっと、この一言で、留理絵は美波を拒絶することに決めたんだろう。

「恋」の章(蘭花視点)で書かれていた、留理絵が自分のニキビに対して言った「これ、病気じゃないから。うつるわけでもないか」や美波ちゃんの「化粧なんて肌のトラブルを誤魔化すためにするんだよ」という台詞が「友情」の章(留理絵視点)には無いのが留理絵の性格を物語っている。
自分を卑下しすぎた態度で、周りの人たちに線を引いていたのは自分だ、ということに気づいていなかったり、悪意の無い美波のフォローもなかったことにして、恨んでいたり、自分に都合よく他人を拒絶している。
それはとても悲しいことなんだろうけど、腹立たしくもある。

美波というもう一人の主人公

美波は、とてもフラットだ。
人間らしく怒ったり、人間らしく優しかったり、きちんと転んで立ち上がって、と、きっと盲目的なものの見方をしない女性だ。
そんな彼女を主人公にしないで、盲目的な視野の2人を主人公に持って来るというのは、きっと大変なことだったろうけど、そのおかげで、人間の理解のできなさがすごくよく現れていて、感情移入しているのにしきれない不思議な小説となっている。

ラストシーン

ラストシーンは蘭花と、茂実亡きあとに付き合いだした乙田の結婚式。
留理絵が「一番の親友の座」として勝ち取った親友代表のスピーチ中に乗り込んで来る警察。
そこで、実は茂実を突き落としていたのは蘭花で、留理絵は隠蔽工作しただけでした。という、結末。
さて、誰が警察に垂れ込んだのかって言うと、そりゃもちろん、留理絵なんでしょうね。
感謝が足りないことや、蘭花が外国に行くことで薄まる絆なんかに恐れて。
留理絵は、親友本人よりも友情を優先させてしまった。
それこそ、盲目的な友情だ。

物語の本質からは遠い部分の台詞なんだけど、

「こんなふうな抱き方をして、この人、私が処女だったらどうするつもりだっただろう」

が、到底男には理解ができなくて、悔しくなった。

2018年 年間ベスト

  1. 詠坂雄二「電氣人間の虞」
  2. 西加奈子「ふる」
  3. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  4. 西加奈子「漁港の肉子ちゃん」
  5. 中村文則「遮光」
  6. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  7. 筒井康隆「朝のガスパール」
  8. 北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」
  9. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  10. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  11. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  12. 江國香織「流しのしたの骨」
  13. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  14. 竹本健治「涙香迷宮」
  15. 下村敦史「闇に香る嘘」
  16. 中村文則「何もかも憂鬱な夜に」
  17. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  18. 本谷有希子「グ、ア、ム」
  19. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  20. 豊島ミホ「初恋素描帖」
  21. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  22. 野村美月「晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と」
  23. 深水黎一郎「ミステリー・アリーナ」
  24. 村田沙耶香「コンビニ人間」
  25. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  26. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  27. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  28. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  29. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  30. 竹宮ゆゆこ「おまえのすべてが燃え上がる」
  31. 法月綸太郎「ノックス・マシン」
  32. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  33. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  34. 青山七恵「魔法使いクラブ」
  35. クレア・ノース「ハリー・オーガスト、15回目の人生」
  36. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  37. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  38. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  39. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  40. 有栖川有栖「46番目の密室」
  41. 岸田るり子「出口のない部屋」
  42. 青崎有吾「体育館の殺人」
  43. 下村敦史「生還者」
  44. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  45. 早見和馬「イノセント・デイズ」
  46. 東野圭吾「鳥人計画」
  47. 木内一裕「デッドボール」
  48. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  49. 山口雅也「PLAY プレイ」
  50. 森絵都「カラフル」
  51. 井上荒野「あなたの獣」
  52. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  53. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  54. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  55. 辻村深月「水底フェスタ」
  56. 櫛木理宇「死刑にいたる病」
  57. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  58. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  59. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  60. 連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」
  61. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  62. 筒井康隆「虚人たち」
  63. 西澤保彦「殺す」
  64. 東野圭吾「放課後」
  65. 長江俊和「出版禁止」
  66. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  67. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  68. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  69. 西村京太郎「殺しの双曲線」
  70. 中町信「暗闇の殺意」
  71. 秋吉理香子「暗黒女子」
  72. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  73. 折原一「覆面作家」
  74. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  75. 豊島ミホ「陽の子雨の子」
  76. 法月綸太郎「雪密室」
  77. 芦沢央「悪いものが、来ませんように」
  78. 恒川光太郎「夜市」
  79. 河野裕「最良の嘘の最後のひと言」
  80. 円城塔「オブ・ザ・ベースボール」
  81. 山本甲士「ひなた弁当」
  82. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  83. 瀬尾まいこ「温室デイズ」
  84. 瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」
  85. 歌野晶午「女王様と私」
  86. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  87. 井上夢人「あわせ鏡に飛び込んで」
  88. 首藤瓜於「刑事の墓場」
  89. 相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」
  90. 大島真寿美「ふじこさん」
  91. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  92. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  93. L・M・モンゴメリ「赤毛のアン」
  94. 首藤瓜於「脳男」
  95. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  96. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  97. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  98. 湊かなえ「豆の上で眠る」
  99. 野中柊「小春日和」
  100. 新藤卓広「秘密結社にご注意を」
  101. 原宏一「床下仙人」
  102. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  103. 田中慎弥「田中慎弥の掌劇場」
  104. 折原一「耳すます部屋」
  105. 竹内雄紀「悠木まどかは神かもしれない」
  106. 長江俊和「掲載禁止」
  107. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  108. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  109. 木下半太「鈴木ごっこ」
  110. 香月日輪「桜大の不思議の森」
  111. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  112. 遠藤武文「トリック・シアター」
  113. 松田道弘「トリックのある部屋―私のミステリ案内」
  114. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
  115. 川村元気「世界から猫が消えたなら」
  116. 村田治「名探偵は推理しない」