Nobutake Dogen.com

辻村深月「鍵のない夢を見る」

2012年の直木賞受賞作。
「犯罪」「田舎」「女性」の3つのテーマに基づいた短編集。
そのどれもが必要不可欠な要素となっている。
辻村深月が技術にこだわったんじゃないかと思われる1冊。
文章力がすごい。見事に上手。

男女の違いとか区別とか差別とかはすごく難しい問題で主観的な視点が重要視されるべき事柄なのに、俯瞰的に見なければいけないと思われていて語れるだけの語彙を持ち合わせていないので避けて通りたいのですが、こういう小説を読むとやはり男性と女性は違うな。と思わされる。
「鍵のない夢を見る」は辻村深月が女性だから書けた小説だ。
男女の違いよりも、個人個人の違いの方が大きい問題なので、この仮定自体がナンセンスで的外れなんだけど、もしも辻村深月が男性だったらこの小説は生まれてこなかっただろう。
それだけ、女性であることが、女性の視点が、母であることが、母の視点が生々しく読んでいると、ここまで覗いてしまっていいのかと不安な気持ちになる。
と男の僕の感想。

あらすじ

わたしたちの心にさしこむ影と、ひと筋の希望の光を描く傑作短編集。5編収録。
「仁志野町の泥棒」誰も家に鍵をかけないような平和で閉鎖的な町にやって来た転校生の母親には千円、二千円をかすめる盗癖があり……。
「石蕗南地区の放火」田舎で婚期を逃した女の焦りと、いい年をして青年団のやり甲斐にしがみ付く男の見栄が交錯する。
「美弥谷団地の逃亡者」ご近所出会い系サイトで出会った彼氏とのリゾート地への逃避行の末に待つ、取り返しのつかないある事実。
「芹葉大学の夢と殺人」【推理作家協会賞短編部門候補作】大学で出会い、霞のような夢ばかり語る男。でも別れる決定的な理由もないから一緒にいる。そんな関係を成就するために彼女が選んだ唯一の手段とは。
「君本家の誘拐」念願の赤ちゃんだけど、どうして私ばかり大変なの? 一瞬の心の隙をついてベビーカーは消えた。
引用:Amazon

スポンサーリンク

「芹葉大学の夢と殺人」なんかは短編として見事なホワイダニットものなので、一応ネタバレ注意ということで。

ネタバレありの感想

あくまで短編集で、それぞれの話に相関関係は全くない。
連作短編集がやたらともてはやされる昨今だし、実際僕も連作もの好きなんだけど、こういう切れ味鋭い短編集を読まされると、短編集の醍醐味はこういったものだよな。と、思わされる。

仁志野町の泥棒

回想シーンへの入り方がとても上手。
読了後に冒頭のバスのシーンをもう一度持つと最初に読んだ時とは全く別のシーンとなる。
このシーンがあるだけで、この短編の価値が何倍にもなっている。

子供の残酷さと大人の残酷さは別のものなんだな。
興味深いのは、5つの短編のうち、子供の視点で描かれたこれが一番すんなりと読み解ける。
子供時代には男女の差はあまりないのかもしれない。

石蕗南地区の放火

僕もヒーローになりたいから、大林のことは笑えない。
だから、笙子のことも笑わない。
心がざわつく一編。

美弥谷団地の逃亡者

この短編集で一番のエンタメ作品。
男がイメージする女同士のアレコレからほつれていく美衣の不幸な話。
本当に女の子同士ってこんなんなの?
もちろん、グループによる、ってのはわかってるけど。

芹葉大学の夢と殺人

推理するためのものではないけど、ホワイダニットものとして最高に面白い。
それを真犯人(という表現をしてしまおう)からの視点で描いているのが見事。
雄大の夢が医者だけではなく、サッカー選手も足したことによって雄大のキャラクターが強固なものになってるし、そこが未玖との関係をも表している。その点も見事。

君本家の誘拐

この話だけ毛色が少し違う。
「犯罪」が無い。
しかし、他4つの短編全ての重要なキーワードとして「犯罪」が絡んできたことを考えると、「君本家の誘拐」にも犯罪はあるはずで、それは素直に受け取れば「勘違いの誘拐」なんだろうけど、母になった辻村深月が書くなら「目を離したこと」ということにしたいんじゃいかな、なんて思う。
しかし、母親が健やかに生きていくことは、子供のためでもあるし、「犯罪=悪」ではなく、「ところどころで息抜きをしよう」とか「周りもちゃんと支えてあげよう」とかそんなすごく当たり前のことを言いたいんじゃないでしょうか。

心がざわつく短編集。
文章力がすごいことになっていた。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 筒井康隆「朝のガスパール」
  5. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  6. 井上真偽「その可能性はすでに考えた」
  7. 井上真偽「探偵が早すぎる」
  8. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  9. 竹本健治「涙香迷宮」
  10. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  11. 野村美月「文学少女と繋がれた愚者」
  12. 野村美月「文学少女と慟哭の巡礼者」
  13. 野村美月「文学少女と神に臨む作家」
  14. 野村美月「文学少女と月花を孕く水妖」
  15. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  16. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  17. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  18. 辻村深月「盲目的な恋と友情」
  19. 辻村深月「鍵のない夢を見る」
  20. 野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
  21. 野村美月「文学少女と穢名の天使」
  22. 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
  23. 辻村深月「ハケンアニメ!」
  24. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  25. 有栖川有栖「46番目の密室」
  26. 青崎有吾「体育館の殺人」
  27. 下村敦史「生還者」
  28. 野村美月「文学少女と飢え渇く幽霊」
  29. 木内一裕「デッドボール」
  30. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  31. 森絵都「カラフル」
  32. 井上荒野「あなたの獣」
  33. 東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」
  34. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  35. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  36. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  37. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  38. 竹宮ゆゆこ「あしたはひとりにしてくれ」
  39. 伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」
  40. 西澤保彦「殺す」
  41. 東野圭吾「放課後」
  42. 長江俊和「出版禁止」
  43. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  44. 倉知淳「星降り山荘の殺人」
  45. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  46. 秋吉理香子「暗黒女子」
  47. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  48. 折原一「覆面作家」
  49. 恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」
  50. 大石圭「人を殺す、という仕事」
  51. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  52. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  53. 綾辻行人「どんどん橋、落ちた」
  54. 首藤瓜於「脳男」
  55. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  56. 青柳碧人「西川麻子は地理が好き。」
  57. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  58. 原宏一「床下仙人」
  59. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  60. 折原一「耳すます部屋」
  61. 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
  62. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  63. 木下半太「鈴木ごっこ」
  64. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  65. 遠藤武文「トリック・シアター」
  66. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年7月5日