Nobutake Dogen.com

瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」

最近だんだん分かってきた、新潮文庫nexはとても素晴らしいレーベルだ。
とはいうもののまだ、何作かしか読んでいないんだけど、そのどれもが素晴らしい。
「謎好き乙女と奪われた青春」も、期待を大きく上回る小説だった。

あらすじ

藤ヶ崎高校一の美少女、早伊原(さいばら)樹里は恋愛に興味がない。友情にも興味がない。もちろん、部活にも。彼女が愛してやまないこと、それは日常に潜む謎。衆目の中ですり替えられた花束。学年全員に突如送られた告発メール。教室の反対側からの不可能カンニング。やがて僕の過去が明らかになるとき、「事件」の様相は一変し……。彼女と「僕」が織りなす、切なくほろ苦い青春ミステリ。
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

早伊原樹里は“THE キャラクター小説”という感じで、だいぶライトノベルよりのキャラクター。
「学園1の美少女で毒舌キャラな後輩」
あぁ、なんて素敵な響きだ。

矢斗春一は一見やれやれ系主人公なんだけど、達観しているわけではなく、自分の奪われた青春を諦めようとしているけれども捨てきれておらず、小さくとも、もがき続けている様が人間臭くてとてもよかった。
早伊原樹里のキャラクターがとてもステレオタイプなライトノベルのヒロイン然していて、その対比で春一の底がつかめない。そして、その底がつかめない春一が視点を担うのが不可思議で気持ちの良い違和感がある。

ミステリーとしてはまず、「誰にも気付かれずに花束を一瞬で入れ替える方法」「四列離れた席からカンニングする方法」など、人の死なない学園ミステリとして謎がとても魅力的。
そこに対して、春一と早伊原樹里がお互いに推理を披露するという多重解決もの。
トリックとしては、正直そこまで難しいものではなく、途中でなんとなくわかったりするが、そこに至るまでのやりとりやその後のエピローグ的な箇所がとても良い。

早伊原樹里がここまで「謎」に惹かれる理由なんかは今後明らかになっていくのかな。
まぁ、理由などなくとも「謎」に惹かれるというのは人間の本能の一つではあると思うんだけど、恋愛や友情といった他のものに興味を持てないことには何かしらの理由があってもよさそうな気がしている。
4巻出ていてすでに完結しているシリーズだそうで早く続きを読みたい。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  6. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  7. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  8. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  9. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  10. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  11. 有栖川有栖「46番目の密室」
  12. 青崎有吾「体育館の殺人」
  13. 下村敦史「生還者」
  14. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  15. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  16. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  17. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  18. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  19. 東野圭吾「放課後」
  20. 長江俊和「出版禁止」
  21. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  22. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  23. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  24. 折原一「覆面作家」
  25. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  26. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  27. 首藤瓜於「脳男」
  28. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  29. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  30. 原宏一「床下仙人」
  31. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  32. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  33. 木下半太「鈴木ごっこ」
  34. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  35. 枝松蛍「何様ですか?」
  36. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年5月17日