Nobutake Dogen.com

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」

「とんでもトリック」で有名な御手洗潔シリーズの2作目。
シリーズ1作目はあの大名作の「占星術殺人事件」なのに、2作目の本作はあまりに大胆なトリックで有名なあれ。
というか、バカミスです。

奇想天外さでは「占星術殺人事件」もかなりのものなのに、受け取る印象は真逆と言ってしまっていいくらい。
全体的な雰囲気や、テンポよく起こる事件など楽しいのに、あのトリックのせいで堂々たるバカミスに。

あらすじ

北海道の最北端・宗谷岬に傾いて建つ館―通称「斜め屋敷」。雪降る聖夜にこの奇妙な館でパーティが開かれたが、翌日、密室状態の部屋で招待客の死体が発見された。人々が恐慌を来す中、さらに続く惨劇。御手洗潔は謎をどう解くのか!?日本ミステリー界を変えた傑作が、大幅加筆の改訂完全版となって登場!
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

小説中で、あからさまに怪しい人物がそのまま犯人となっており、フーダニット部分はすぐにわかるものの、ハウダニットがわからない。
わかるはずがない。
屋敷が斜めなのが重要だということもメタ的な推理によってわかるのに、肝心の方法がわからない。
奇想天外すぎるトリックだったり、屋敷の構造が複雑すぎてイメージがつきづらいせいだったりするんだけど、そこはフィクションだから納得しても、トリックに不確定要素が多すぎる点がどうしても納得できない。
せっかく仕掛けが大掛かりで、非現実的なんだからもっと確実な装置を作ってほしかったな、とは思う。

砲丸の密室トリックなんかはとても良くて、なぜ砲丸なんかがあるのか?そしてそれを誰も不思議に思わないのか?など疑問点はどうしても残ってしまうが、なるほど、と思える。

本書で一番納得できない点が、雪の足跡の隠滅方法。
「足跡が無い=密室」と言っておいて「屋根から雪を落として消した」は小説としてルール違反な気がする。それで通用するなら、「他から雪を持ってきて消した」や「以前降った冬を保存しておいて消した」なども可能になっちゃうよ。

奇想天外なトリックは基本好きなんだけど、やはり無理やりだとしても納得出来る説得力は欲しいな。
全体的な雰囲気なんかはすごくいいだけに残念。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  6. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  7. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  8. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  9. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  10. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  11. 有栖川有栖「46番目の密室」
  12. 青崎有吾「体育館の殺人」
  13. 下村敦史「生還者」
  14. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  15. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  16. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  17. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  18. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  19. 東野圭吾「放課後」
  20. 長江俊和「出版禁止」
  21. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  22. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  23. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  24. 折原一「覆面作家」
  25. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  26. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  27. 首藤瓜於「脳男」
  28. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  29. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  30. 原宏一「床下仙人」
  31. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  32. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  33. 木下半太「鈴木ごっこ」
  34. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  35. 枝松蛍「何様ですか?」
  36. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年5月6日