Nobutake Dogen.com

有栖川有栖「46番目の密室」

作家アリスシリーズの1作目。
本格ミステリの王道中の王道って感じで控えめに言って最高だ。

あらすじ

日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのか――。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第1作。
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

密室を期待して読むけど、密室トリックとしてはそこまで目新しいものではなく、そこは残念。
ただ、それ以外の部分、というか小説としてとても素晴らしい。とにかく楽しい。

ワトソン役として理想的な「アリス」と、ホームズ役として理想的な「火村」。
特に、アリスが自分の推理、推理小説家としての性と言えるより悲劇的な真相となる推理を火村に一蹴される場面は爽快。

火村の推理はロジカルでありつつ、動機の部分に関しては人間としての優しさもあってとても魅力的な探偵だ。このような、本格っぽいものだと時々動機が軽すぎたり、理解不可能すぎたり、そもそも探偵役が動機に興味があるように見えなかったりすることもあるけど、それもきちんと理解できるレベルで良い。良い。

シリーズの1作目ということで、キャラクターの説明的な部分があったり、過去を匂わせる記述があったりでこれからも楽しみ。
次も読もう。積ん読消費していこう。
きつい。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  6. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  7. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  8. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  9. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  10. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  11. 有栖川有栖「46番目の密室」
  12. 青崎有吾「体育館の殺人」
  13. 下村敦史「生還者」
  14. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  15. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  16. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  17. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  18. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  19. 東野圭吾「放課後」
  20. 長江俊和「出版禁止」
  21. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  22. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  23. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  24. 折原一「覆面作家」
  25. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  26. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  27. 首藤瓜於「脳男」
  28. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  29. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  30. 原宏一「床下仙人」
  31. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  32. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  33. 木下半太「鈴木ごっこ」
  34. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  35. 枝松蛍「何様ですか?」
  36. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年5月4日