Nobutake Dogen.com

木下半太「鈴木ごっこ」

まずは秀逸なタイトルが目を惹く。
表紙からにじみ出る少し不気味な感じも小説の世界観をよく表していると思う。
ただ、肝心の中身、小説としてはあっけなく終わってしまった感じ。

個人的に木下半太がそこまでハマれないだけかもしれない。
気になる設定やタイトルの小説が多くて気になって何冊か読んでるけど、「めちゃめちゃ好き!」って作品はまだない。

あらすじ

「今日から、あなたたちは鈴木さんです」。巨額の借金を抱えた男女四人が豪邸に集められた。彼らの責務は、ここで一年間、家族として暮らすこと。見知らぬ者同士が「家族ごっこ」に慣れてきたある日、貸主から次なる命令が下った。失敗したら四人に未来はない―。貸主の企みの全貌が見えた瞬間、想像を超えた“二重の恐怖”がつきつけられる!
引用:Amazon

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

読みやすい。とにかく読みやすい。
残念ながらそこが弱点になってしまったのではないか。
読みやすいがゆえにそれぞれの小梅とダンとタケシとカツオの視点での違和感や矛盾点がすごくはっきりと見えてしまって、かなり序盤で「複数の家族(ごっこ)の話」か「時系列がずれている」か「複数の人間が嘘をついている」というのが見えてきてしまう。

最後の晩餐で小梅が自分以外の人間にカップラーメンを食べさせてるけど、あれを拒否する人間が出てくるかもしれないと考えない点や、1年間食べていなかったのになぜカップラーメンなんかがあるのか誰も疑問に思わない点、(これは言いがかりに近いかもしれないが)お湯を捨てるカップ焼きそばでも睡眠薬は効くのか、などなど詰めの甘い箇所が多くてせっかくの設定を活かしきれていないのがもったいない。
また、1年待って(しかもその間に逃げられてしまう可能性などある)健康な体にするのと、現状で売り飛ばすのでそこまで値段が変わるのか?
上記以外にも新たな試練としての二階堂家の奥さん(本当はスキンヘッドのヤクザの奥さん)を口説いて落とさなければいけない、という命令をスキンヘッドのヤクザから出ている、という点が一番不自然。
どうして、スキンヘッドのヤクザが自分の大事な家族を危険な目に合わせるのか、わざわざ別々に暮らさなければいけないのか、他の借金を持った女性ではいけないのか?などなど。

上記のような矛盾点・疑問点を無視したとしても、全体的にあっけなくてもったいない。
というよりは、やはり帯だったりあらすじが大げさすぎるんだよな。
この本に限らず最近の本に多いんだけど、「驚愕の真相」やら「二度読み必至」やら「大ドンデン返し」やら。
そういうキャッチコピーに弱い僕ら消費者や、出版社のせいなんだろうな。

2018年 年間ベスト

  1. 西加奈子「ふる」
  2. 鳥飼否宇「死と砂時計」
  3. 宮下奈都「羊と鋼の森」
  4. 天祢涼「キョウカンカク 美しき夜に」
  5. 瀬川コウ「謎好き乙女と奪われた青春」
  6. 筒井康隆「ロートレック荘事件」
  7. 深水黎一郎「テンペスタ 最後の七日間」
  8. 北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」
  9. 伊坂幸太郎「仙台ぐらし」
  10. 東野圭吾「仮面山荘殺人事件」
  11. 有栖川有栖「46番目の密室」
  12. 青崎有吾「体育館の殺人」
  13. 下村敦史「生還者」
  14. 佐藤友哉「子供たち怒る怒る怒る」
  15. 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」
  16. 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」
  17. メグ・ガーディナー「心理検死官ジョー・ベケット」
  18. 瀬尾まいこ「おしまいのデート」
  19. 東野圭吾「放課後」
  20. 長江俊和「出版禁止」
  21. 東川篤哉「密室の鍵貸します」
  22. 東野圭吾「十字屋敷のピエロ」
  23. ネレ・ノイハウス「深い疵」
  24. 折原一「覆面作家」
  25. 浜口倫太郎「22年目の告白-私が殺人犯です-」
  26. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  27. 首藤瓜於「脳男」
  28. 西澤保彦「麦酒の家の冒険」
  29. カタリーナ・インゲルマン=スンドベリ「犯罪は老人のたしなみ」
  30. 原宏一「床下仙人」
  31. 島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
  32. 鯨統一郎「邪馬台国はどこですか?」
  33. 木下半太「鈴木ごっこ」
  34. 高木敦史「演奏しない軽音部と4枚のCD」
  35. 枝松蛍「何様ですか?」
  36. 伊原柊人「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」
スポンサーリンク

Book | 2018年4月26日